スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山口ひろみさん「終の恋歌」キャンペーン

5月29日(月)

 

4月23日山口ひろみさんの

新曲「終の恋歌」のキャンペーンが行われました

約2年ぶりとなるイベントとなりました。最近すっかり大人っぽい雰囲気が出てきましたよね(充分大人ですけどw)ジャケット写真にも雰囲気が出てるものが増えてとってもステキですけど、楽曲も素敵な雰囲気の1曲とカップリングは一度聴いたら頭から離れない強烈な中毒性を持った1曲でどちらも楽しめる新曲の組み合わせです。

 

ひろみさん御一行は10時半頃には到着

マネさんに諸々の確認事項をしていただき準備万端スタンバイ

進行はテイチクのTさんです

「大変お待たせいたしました。お時間となりましたのでご本人をお呼びしたいと思います。大きな拍手でお迎えください山口ひろみさんです!」拍手拍手拍手拍手拍手

 

ひろみさん登場

まずは新曲の『終の恋歌』から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「どうもありがとうございます。まずはご挨拶代わりに3月1日に発売させていただきました新曲です『終の恋歌』から歌わせていただきました。改めまして皆さまこんにちは〜山口ひろみでございます。今日は日曜日なんですよ!日曜日にCDショップさんでキャンペーンすることがなかったのでどうだろうと思っておりましたが皆さんお出かけくださってありがとうございます。心配していた雨も止みまして(笑)私、雨が多いのですごく心配していたんですけれどもきのうとは打って変わって晴れまして本当に良かったなぁと思っております。今日は久しぶりにこちらで歌わせていただけるという事でポスターのままの着物と帯を着用ししてまいりました。このお着物と帯は北島先生の奥さまから頂戴しました。このお着物と帯に負けないように今日は一生懸命心を込めて歌わせていただきたいと思っております。どうぞお付き合いくださいませ、よろしくお願い申し上げます」拍手拍手拍手拍手拍手

「北島先生につい2日前にサブちゃんと歌仲間の収録でお会いしまして、歌を聴いていただいて軽くレッスンをしていただいた時にやっぱりお前にあげたあの曲は正解だったなって思い出したかのように言われた曲がございます。私自身も大好きな曲です、ここで皆さまに聴いていただきたいと思います北海道は札幌を舞台にした『その名はこゆき』とお話をして歌っていただきました

 

 

「今歌わせていただきながら皆さまお一人おひとりのお顔を拝見させていただいたんですけれどもちょっと歌ってくださってる方もやっぱりこゆきになると多くてですね、嬉しいなぁと思います、この曲はたくさん皆さんにかわいがっていただいて今の所、山口ひろみの代表曲は?と言われると『その名はこゆき』じゃないかって全国的に言っていただけるようになって本当に嬉しく思っております。今ちょっと口ずさんでくださった方もそうじゃなかった方も是非、今から歌わせていただくこの曲は一緒に歌っていただきたいなと思います。皆さんがよくご存知の昭和の名曲でございます。実は昨年の秋に初めてのカバー曲集を出させていただきました【ひろみっくす】というんですけれども、初めて洋服のジャケットになっております、8曲入りで2000円のアルバムなんですがこの8曲の中には色んな曲がございます。1曲目には玉置浩二さんの『メロディー』という曲が入っていたりペドロ&カプリシャスさんの『別れの朝』のボサノババージョンというのも入れております。このアルバムの中から1曲聴いていただこうかなと思ったんですがさっき決めたんですよね(笑)色々悩んだんですけどせっかくなので普通のカラオケではなくて、この中でギターだけで歌ってる曲があります。皆さんきっと大好きな曲だろうと思って選んだ曲があります、渡哲也さんの『くちなしの花』をご一緒にお願いします」とお話をして歌っていただきました

 

 

「歌ってくださって嬉しいです、やっぱり歌ってもちろん私が自分の歌で皆さんに勇気とか感動とかをお届けしたいと思って歌手になったんですけど、歌手になってみて改めて思うのは音楽ってそういうものだけじゃなくてやっぱり皆さんで一緒に楽しんでそういう空間が大切で私もそういうのが好きなんだなぁって心底思うようになりました。だからキャンペーンで、ステージで、TVやラジオもいいんですけどキャンペーンでこの距離感ですごく一緒に楽しませていただけるっていうのも本当に至福の時で幸せだなぁと思います。今日もそう思いながら『くちなしの花』歌わせていただきました。山口ひろみのキャンペーンは忙しいんです、まだやらせるんです!今度は皆さんにお願いしたいのはお手拍子をお願いしたいんです。今から歌わせていただくのはカップリング曲なんです。私、実は3月に女川町観光大使になりました!そんな私がカップリング曲で『女川純情物語』という宮城県牡鹿郡女川町を舞台にした曲を歌っております。この曲は私が『三陸風みなと』という曲でご縁をいただいた女川町の皆さんと震災後の1カ月後の避難所である約束をした事から始まっております。必ず女川の皆さんにもう一度女川を舞台にした曲を歌います。言ったことが6年もかかってしまったんですが、皆さんのおかげで考えていただく事ができてこの楽しい曲が出来上がりました。これは全編女川弁で、できております。CDの中には標準語バージョンも入ってるんですけれどもサビの部分が「なして、なじょして、なじょすっぺ」これを標準語にすると「どうして、どうやって、どうするの」全然イメージが違っちゃうんですよね(笑)そしてそのサビの部分はお手伝いしていただきたい事がありますのでよろしくお願いします、それでは『女川純情物語』お願いします」とお話をして元気いっぱい歌っていただきました

 

 

「今、私がやったのは女川の皆さんが老若男女問わずできるように手だけでできるようにという事で発表会の時はお子さんが踊ってくださったりしたんですね。さぁあっという間でもう一度『終の恋歌』を聴いていただくんですがこの曲、今までにないタイプの曲で2コーラスと半分2ハーフと言われる曲です、最初に語りがあってサビがあるという典型的なわかりやすい歌謡曲タッチの曲なんですね、ちょっと歌う時のポイントを言いますと・・・・ちょっとワンポイントコーナー・・・・・ではお時間が来ましたのでもう一度歌わせていただきます、ではわたくし、山口ひろみの15周年記念曲、第2弾です『終の恋歌』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

羽山みずきさん「雪んこ風唄」キャンペーン

5月22日(月)

 

 

4月22日羽山みずきさんの

新曲「雪んこ風唄」のキャンペーンが行われました

昨年デビューして今回が2作目ですがまた独特な雰囲気の彼女にピッタリのゆったりとした曲調でいて歌唱力の高さを窺える1曲ですね。

 

朝からお待ちのお客さまもいらっしゃいました、まだまだ新人さんにこうやって来てくださるのはこちらも嬉しいです

御一行は11時前に到着してすぐに声出しチェックしていただいて準備も万端。

進行はCTMDのWさんです

「日本クラウン羽山みずきさん、昨年デビュー、そしてレコード大賞新人賞をいただきました。それではスタートしたいと思います、まずは最新曲です『雪んこ風唄』で登場いたします、大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

みずきさん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

そしてご挨拶

「ありがとうございます。新しい曲『雪んこ風唄』から聴いていただきました。改めまして皆さまこんにちは!昨年の4月6日に日本クラウンより『紅花慕情』という曲でデビューさせていただきました羽山みずきと申します。今日はきっと初めてお会いさせていただく方もいらっしゃると思いますので自己紹介の方からさせていただきたいと思います。私は東北の山形県鶴岡市という所の出身でございまして、今から約1年半ほど前まで鶴岡市にございます出羽三山神社という所で6年間巫女のご奉仕をさせていただいておりました、その事から出羽三山の羽と山をいただいて羽山みずきというお名前とそして、デビュー当時のキャッチフレーズがあるんですね。ちょっと長くて覚えづらいかなと思うんですけど、ちょっと言ってみますね【出羽三山から舞い降りた歌う巫女さん、開運演歌女子、羽山みずき】っていうこういうキャッチフレーズを付けていただきまして、是非皆さまも覚えられたらで結構です、覚えての。よろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手長いキャッチフレーズを付けていただきまして、そして巫女出身という事で衣装も袴に替えていただきまして、今日は新しい曲の『雪んこ風唄』の緑の衣装で来たんですけど皆さんどげですか?拍手拍手拍手拍手拍手ありがとうございます。今日を入れてまだデビューして1年とちょっとしか経ってなくてですね、慣れない部分もたくさんあると思うんですけれども歌がとっても大好きなのでその気持ちを大事にしながら今日も精一杯がんばっていきたいなと思っております。そして新しい出会いもたくさんいただきまして、いつもこうして応援くださる皆さんとまた今日も会う事ができてとっても嬉しく思います。最後まで頑張りますのでよろしくお願いします」拍手拍手拍手拍手拍手

「『紅花慕情』という曲で昨年デビューさせていただきまして、皆さまから応援いただいて昨年も元気に無事に一年間笑顔で歌う事ができたんだと感謝の気持ちでいっぱいです。紅花と言いますと山形県民にとってはとっても大事なお花なんですね、紅花でお着物を染めたり紅を作って京都の方さ北前船でやったり、とっても山形県民にとっては大事なお花です、そんな紅花をモチーフにした曲『紅花慕情』ですけれどもこれから歌わせていただくんですけれども、エンヤ〜コラ(みずき!)エンヤ〜コラ(みずき!)と入れていただきたいんですけれどもよろしくお願いします『紅花慕情』です」とお話をして歌っていただきました

 

 

「ありがとうございます。私は山形県出身という事で約1年半か…1年と2ヶ月3ヶ月・・・くらい前にやっと東京さ出張ってまいりました。やっぱりずっと山形で生活をしておりましたので電車の、地下鉄の乗り方がやっぱりわからなかったんですね、最近は少しずつ慣れてまいりまして、そして夜な夜な目が覚めて寂しくなって泣くこともなくなりました。デビューしたばっかりの頃とか引っ越してきたばかりの頃は故郷が恋しくて夜中パッと目が覚めるんですね、あっ!と思って帰れもしないのにカーテンを開けて夜中空を眺めて泣いてしまったりとかそんな事もありました。でも寂しいなと思っても次の日キャンペーンさ行ぐと皆さんからあったかい笑顔をいただいて元気をいただいておりました。山形とっても故郷、素晴らしい所でございます。私ば観光大使をやらせていただいております。山形にはつや姫というお米があります。そのお米にちなみましてつや姫の観光大使とそしてまた鶴岡の方の観光大使、鶴岡ふるさと観光大使を二つやらせていただいておりますのでせっかく町田さ、お邪魔させていただいたさけ、ちょっと観光案内をしたいと思うんですけどお付き合いいただけますか?パッと説明しますと山形県というのは人の顔のようになっており真ん中さドンっと出羽三山がありまして、その出羽三山を内陸部に越えますと山形市の方さ行くわけですけど、内陸部の方は観光案内からさせていただきたいなと思います。まずは山寺とか最上川舟下りとかよく耳にしたことあると思うんですけれども、もう一つ縁結びでとっても有名なお寺さんがあるんですね若松寺よ書いて(じゃくしょうじ)というお寺さんがありまして、花笠音頭にも名前が出てくるようなお寺さんです。そして山を海側に越えますとわたくしが務めておりました出羽三山の神社がございます。羽黒山の方にお参りに行っていただきますと2446段の石段を1時間半もかけていただきまして登っていただいて山頂にはとってもキレイな景色が見られる所がございますので登っていただきたいなと思います。そしてクラゲの水族館ばとっても有名なんですね、展示数でギネス記録ば世界一で載せられたそんなくらげドリーム館というのもございます。是非皆さん山形さ遊びば来てくでの、よろしくお願いします拍手拍手拍手拍手拍手実家の方のお父さんお母さんおばあちゃん、みんな元気でやっております。特にこの『雪んこ風唄』のカップリングの曲が『大器晩々成』という曲で夫婦の愛情を歌った曲なんですね、私は故郷のおとうとおかあを想い浮かべながら歌いたいなぁと思いますので3拍子のワルツの曲調でとっても聴きやすい心地よい曲に出来上がりましたので是非皆さん口ずさんでいただけたら嬉しいです。それでは『大器晩々成』よろしくお願いします」とお話をして歌っていただきました

 

 

「今日は皆さまと直接お会いさせていただいておりますが、もしかしたら聴いてるよ〜って方がいらっしゃったら嬉しいなぁと思うんですけれども【開運演歌女子 羽山みずきの朝カラ】というTBSラジオのFine!の中でコーナー番組ラジオのレギュラー番組をやらせていただいております。毎週金曜日の早朝3:35からちょっと早いんですけど色んな企画を今一生懸命頑張っておりまして、お顔は見えないんだも、気持ちが繋がるようなそんな番組にしたいなぁという風に思ってますので是非ぜひラジオ聴いてみてください、よろしくお願いします拍手拍手拍手拍手拍手そして新しい曲『雪んこ風唄』またもう一度歌わせていただくんですけれども、雪んこというのはわら帽子をかぶった!わぁ!雪んこが!(お客さまが手作りのをかぶった方が3名ほどいらっしゃいました)私もかぶっていいですか!雪んこというのはこのわら帽子をかぶった子供の雪の妖精の事を表しておりまして、伝えきれない想いを雪んこが伝えてくれるそんな歌になっております。故郷の山形、そして東北、北国を想い浮かべながら歌いたいと思います、それでは『雪んこ風唄』です、よろしくお願いします」とお話をしてわら帽子をかぶって歌っていただきました(笑)

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

花咲ゆき美さん「おんな炎」アンコールキャンペーン

5月15日(月)

 

4月19日花咲ゆき美さんの

新曲「おんな炎」のアンコールキャンペーンが行われました

11月18日に発売時のキャンペーンを行ってますのでちょうど半年くらい経ってのアンコールキャンペーンもゆき美さんは恒例になってきましたね

 

 

ゆき美さん御一行は11時頃に到着

お馴染みのファンの方を中心にお集まりいいただいた所でスタンバイ

進行はCTMDのAさんです

「ご本人が登場しましたら盛大な拍手をお願いしたいと思います。それではまずはこの曲で花咲ゆき美さん登場です!」

 

 

ゆき美さん登場

まずは『津軽リンゴ節』から披露していただき、そのまま続けて『涙じょんから女旅』も披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「まずは青森県を舞台にした『津軽リンゴ節』そして『涙じょんから女旅』2曲続けて聴いていただきました。改めまして皆さんこんにちは〜今日はすごい天気がいいですよね〜今回は「おんな炎」のアンコールキャンペーンという事で2回目なんですけど覚えていただけましたかね?『おんな炎』は最後に歌わせていただきますので是非覚えていただければと思います。それでは続いても私の故郷、青森を舞台にした曲をお届けしたいと思います『津軽恋歌〜ギターバージョン〜』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「ギターバージョンでしっとりとお届けしました。オープニングから青森を舞台にした曲を歌わせていただいておりますが、デビュー曲から故郷、青森を舞台にした曲をいくつかいただいておりますが、今日はその中から歌わせていただいているんですけれども、青森といっても私が野辺地町という所で生まれたんですよと言っても知らない方はポカーンと聞いてるんですけれども、やっぱりあんまり知られてなくて青森というと大体、三沢、八戸、大間とかはTVとかで見たり聞いたりしてると思うんですけれども、野辺地町というのは下北半島の付け根辺りになります、陸奥湾に面している町なんです。さぁ続いてお届けさせていただくのは『人形の家』という歌なんですけどちょっと前になるんですけどニッポン放送さんの【あなたとハッピー】という番組に初めて出させていただいた時にお寿司屋さんに行った時に何故か花咲ゆき美ってバレちゃったんですね。そうしたらこの間ニッポン放送に出てたでしょ!って『人形の家』良かったね!なんて言っていただいて、聴いてる人は知らなくても耳に残ってたりして、花咲ゆき美って子が歌ってたってどこか頭の隅でも残ってくれてTVとかラジオってやっぱりスゴイなって思ったんで、今日は『人形の家』を歌ってみようかなって思いましてお持ちしました、それでは『人形の家』です」とお話をして歌っていただきました

 

 

「続いては私の思い出の曲を1曲お届けしたいと思うんですけど、デビューにきっとデビュー前からもそうですけど、デビューしてからも一番自分の曲以外でたくさん歌った曲じゃないかなと思うんですが、なんの曲かといいますと私の師匠新井利昌先生との初めてのレッスン曲でず〜っと私の大好きな曲なんですけれども門倉有希さんが歌われた方の『ノラ』ですね。本当にデビューする前に新井先生の元へ訪ねていってすぐに歌を教えてもらえると思ったら大間違いで、もう最初の2年か3年は「あああああああああ〜ジャ〜ン」みたいな事だけでいつになったら歌を教えてもらえるんだろうってずっと何年間も思ってたんですけど、やっと先生が教えてくださった最初のレッスン曲、課題曲が『ノラ』というこの曲だったので今日はそんな想いも込めて歌わせていただきたいと思います。それでは聴いてください『ノラ』とお話をして歌っていただきました

 

 

「では続いては皆さんにちょっと声を出していただいて一緒に楽しんでいただきたいと思います。今、頑張っております『おんな炎』のカップリング曲で『揚羽蝶』という歌を歌わせていただきます。この曲は歌詞は切ないんです、愛する人が亡くなってしまってもう触れる事も会う事もできないという切ない未練の情念を燃やしている女性の気持ちを歌っているんですけれども、3拍子のワルツになっていてノリやすくて歌いやすいんですね。それでは『おんな炎』のカップリング曲で『揚羽蝶』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「ゆき美コールもありがとうございました。ここでお知らせです今年はデビューして7月で10周年なんです、なので記念のディナーショーとコンサートを行わせていただくんですけれども、ディナーショーは7月1日に東京都立川市のパレスホテル立川という所で夜6時から行わせていただきます。そしてコンサートは10月8日に夕方の4時から日本橋三井ホールという所で行わせていただきます。それでは最後は今、頑張っております『おんな炎』を歌わせていただきます。キャンペーンで、アンコールキャンペーンと含めてレッスンというかワンポイントアドバイスを皆さんにさせていただいていてサビの部分をしっかり覚えていただいてるようですが・・・・・と熱のこもったワンポイントレッスンを・・・・・それでは最後よかったら皆さんも一緒に歌ってみてください『おんな炎』よろしくお願いします」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

川上大輔さん「人魚のように」キャンペーン

5月14日(日)

 

4月15日川上大輔さんの

新曲「人魚のように」キャンペーンが行われました

何故かこれまでご縁がなく(コンサート等の即売会はもちろんありましたけど)お店でのリリースイベントは今回が初めてです

本当にたくさんのお客さまでギュウギュウになってしまうほどの大盛況のイベントとなりました

 

 

早朝から本当にたくさんのお客さまでどんどん増えていく中、川上さん御一行は到着、初めてなので色々と確認事項などなど

11時半に会場オープンする頃には外にたくさんの人人人。あっという間に会場いっぱいになった所でスタンバイ

進行は初登場・・・だったかな?クラウンのKさんです

「大変長らくお待たせいたしました!4月12日に発売しました川上大輔『人魚のように』キャンペーンスタートです!それでは川上大輔さんの登場です」拍手拍手拍手拍手拍手

 

川上さん登場

まずはノリのいい『アモーレ・アモーレ』から披露していただきました

(スゴイ大ちゃんコール汗汗汗汗汗

 

 

そしてご挨拶

「改めまして川上大輔です。今日は町田、鈴木楽器店さん初めてですね、僕。初めてという事でとても楽しみにしてました。デビューしてもう5年目になるんですけど、歌謡曲でやらせていただいてるんですけど、初めてという事で一番地味な衣装着て来ました。ここはもうズラッとサイン色紙があるんですけど、何で僕は来れなかったんでしょうね?皆さんここでやられてるのは知っていたのでいつかな?いつかな?って思ってたんですが、でもクラウンさんにお世話になって4月12日に第2弾シングル『人魚のように』という曲をリリースしまして今日イベント開催しております。それではさっそく聴いていただいたのは僕の2枚目のシングルからお届けしました。それでは今回AタイプとBタイプそれぞれありまして、1曲目が『人魚のように』2曲目がオリジナル『君は僕の半分』そして3曲目がAタイプBタイプそれぞれ異なっています。Aの方が美空ひばりさんの『みだれ髪』そしてBタイプの方が坂本九さんの『心の瞳』という歌がそれぞれ収録しております。まずはひばりさんの『みだれ髪』を新しい、僕ならではのアレンジで歌わせていただいております、では聴いてください『みだれ髪』とお話をして歌っていただきました

 

「それではもう1曲カバーで去年リリースしたカップリングに収録しまして五木ひろしさんの曲なんですけど『暖簾』聴いてください」とタイトルコールして歌っていただきました

 

 

「この歌は去年収録させていただいて五木さんご本人にも聴いていただいて、とってもこのピアノのアレンジを気に入ってくださって、本当に度々ご本人のステージでご一緒させていただいてギターの弾き語りで歌わせていただいてます。2曲続けてカバーでお届けしました。・・・・・ここからしばらく私との掛け合いが続き汗汗汗汗汗・・・・・さぁ『みだれ髪』『暖簾』と続きましたけれども今度は4月12日にリリースしたばかりのカップリング曲『君は僕の半分』という歌なんですけれども、『君は僕の半分』読んで字の如く一緒にいればいるほど家族でも友人でも恋人でも良い所が最初は見えてくるけれども、だんだんイヤな所も見えてきて、でもそれも込みでも愛情、家族愛なんだろうなって思うんですけれども、別々の所で生まれ育った二人は赤の他人で出会って結ばれて家族が生まれる、最初はもうまったく血が違うそれぞれの二人がだんだん結びついていってもう自分の体の半分が君でできてるんだよってそんな風に思えたらステキですよね。それでは4月12日にリリースしましたカップリング曲『君は僕の半分』聴いてください」とお話をして披露していただきました

 

 

「『君は僕の半分』あと半分なんだったんでしょうね(笑)自分か!そうですね(笑)本当に素敵な歌詞で、この歌詞は『魂のルフラン』とか『残酷な天使のテーゼ』を作詩された及川眠子さんが僕のアーティスト写真を見てこの歌詞がパッとひらめいて書いてくださったそうなんです。あ〜じゃあ僕、意外と性格良さそうに見えるんだなぁって自分で言っちゃいましたけど、これがカップリングに入っております。・・・・・ここから突然初見さんイジリが始まり(笑)・・・・・話が長くなりましたけど最後は『人魚のように』歌わせていただきますけれども、どうやって歌ったら気持ちよく歌えるかって所を短くワンポイントで皆さんと一緒にやりたいと思います、大ちゃんのワンポイントレッスン!!!・・・それでは本日最後の歌にいきたいと思います。本日は本当に皆さんありがとうございました。最後に聴いてください4月12日にリリースしたばかりのニューシングル『人魚のように』とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

工藤あやのさん「恋ごよみ」キャンペーン

5月8日(月)

 

4月14日工藤あやのさん

新曲「恋ごよみ」のキャンペーンが行われました

ちょうど1ヶ月くらい前にリリース前のいわゆる予約キャンペーンを行わせていただきました。

やっぱりリリース後で商品をお持ち帰りできる方がいいんですかね(笑)たくさんのお客さまにお越しいただきました

 

 

早朝から何人もの方がお並びいただきました。

あやのさん御一行は10時半頃に到着。さっそく声出ししていただいてからのお支度へ

その後は続々とお客さまもお集まりいただいた所でスタンバイ

進行はCTMDのNさんです

「それではお時間となりましたのでさっそく工藤あやのさんをお迎えしたいと思います。登場の際は大きな拍手でお迎えいただきたいと思います、まずは新曲の『恋ごよみ』で登場です」

 

 

あやのさん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「改めまして皆さんこんにちは〜山形県山形市出身、山形のひだまり娘工藤あやのです、最後までよろしくお願い致します」拍手拍手拍手拍手拍手

「今日は天気がよくていがったんですね〜皆さんの顔色もいつもより一段と晴れ渡っておりますね〜いよいよこの新曲『恋ごよみ』4月12日に発売となりまして、今日もキャンペーンに来させていただきましたけど予約キャンペーンにも来てっけよって方?はいはいはいありがとさまです〜今年、歌手生活4年目は大人の女性の歌を歌わせていただく事になりましたがこうやって歌手としてデビューさせていただけるようになったのは2010年東京都北区王子の北とぴあという所で行われました【弦哲也:北区の演歌座2010新人歌手発掘オーディション】というオーディションで大賞をいただきまして、そこから4年後のデビューとなったんですけれども月日の流れはあっという間です。是非デビューの時の工藤あやのと今現在の工藤あやの、歌声、そして外見もさっぱり違いますのでそういう事も楽しみにして応援していただいたら嬉しいなぁと思います。それでは続きましては、今年は工藤あやの4年目ですし、曲調もガラっと変わりましたし、この曲で空高く大きく羽ばたいていけるように今年は酉年だし景気づけにこの歌いきましょう!『かもめが翔んだ日』とお話をして歌っていただきました

 

 

「皆さん本当に今日は元気いいねぇ珍しくお手拍子も揃っておりました(笑)最近は4月も後半に向かいますから卒業、入学もひと段落しましたけれども、こんな季節は別れの季節でもありますよね〜仲良かった人が転勤になったりで遠くに行ってしまったりと本当に悲しい、何で季節の分かれ目って別れとかってあるんでしょうかねぇ。今日は圧倒的に男性が多いんですが(笑)ひどい男はいないと信じつつこの歌聴いてください『木綿のハンカチーフ』とお話をして歌っていただきました

 

 

「なんとまぁ軽快な歌でございますけれども、なんて最低な男だねぇ(笑)いやでも本当に出会いっていうのは一瞬ですよね、別れも一瞬ですけど運命なんですよ。ここに私がデビューさせてもらって鈴木楽器店さんで歌わせてもらって、鈴木楽器さんで歌わせていただいて皆さんがこうやって私を知る機会があって来てくださってる、これもご縁でございます。

こういったご縁を大切にしながらこれからも精一杯歌わせていただきますのでこれからもどうか末永く一日でも長生きしていただきまして応援をよろしくお願いします〜拍手拍手拍手拍手拍手

別れの歌ばっかり歌ってるの切ないので〜ウチの母ちゃんが若かった頃に好きな人とドライブしてた時にちょうどラジオからこの曲が流れてきてあ〜あなたと私が出会えたのは運命なんだわ〜そう感じた思い出の曲らしいです、では聴いてください『芽ばえ』とお話をして歌っていただきました

 

 

「それではここからは新曲歌わせていただきたいと思います、作曲は師匠の弦哲也先生です。作詩は三浦徳子さん。松田聖子さんのヒット曲などたくさんの代表曲を作詩なさっている先生です。編曲・アレンジャーの先生は同じく山形県出身の若草恵先生です。

B面はとってもかわいらしい曲でA面は切なくもかっこいい曲となっております。

今まで故郷の歌を3年間歌わせていただきました私もこういう引出しもあったんかなぁと思って自分自身ビックリしてるんですけれども、まずはかわいらしい方から聴いていただきたいと思います。お手拍子の準備はよろしいですか?元気よくまいりましょう!『ときめきロマンス』とお話をして披露していただきました

 

 

「かわいらしい曲ですよね〜いつも工藤あやのの歌はB面も好きだ〜って言う風に言ってもらって本当に嬉しいです。

個人的にも両A面の気持ちで歌わせていただいておりますので、カラオケにも入っておりますので是非、検索して1曲目!この曲で大いに場を盛り上げてそれがたとえ一人でも楽しんでくれたら(笑)嬉しいです。PVの流れる本人映像もあると思いますので、今回は自信作です。そうなんです!ポッチャリ好きな方にもおぉ〜このシーンいいなぁという部分もありますので思わずかぶりつきたくなるようなシーンもありますので是非お楽しみに♪かわいらしいと言えば、演歌勢の中でもいっぱいかわいらしい美人な、キレイな歌い手さんがいっぱいいるんです。でも何故か世に出る機会というのが少ないんですが、なんと14月からCS放送の歌謡ポップスチャンネルという所で番組が始まりました、その名も【演歌女子】この番組は普段歌手として皆さんの前でキレイに見繕って着てる歌手とはまたひと味違って素の普段の歌手の皆さんのありのままの姿がわかるような面白い番組となっております。

皆さんに応援していただきまして工藤あやのの第4弾シングルこんなに素敵な歌をいただきました。切なくもかっこいい曲、少女の切ない恋愛、甘酸っぱい恋愛というものではなく大人びた女性の切ない恋ごころを歌った作品でございます。皆さんの過去には一度や二度切ない恋愛した事あるんじゃないですかね、その気持ちをこの歌にぶつけて届けていただいたらと思います。男女年齢問わず歌っていただいて全国に広がっていきますよう私も精一杯、力を込めて歌わせていただきますが、私一人が頑張ったってダメなんだぁ皆さんの力をどうかお貸しくださいますようよろしくお願いいたします拍手拍手拍手拍手拍手それでは聴いてください『恋ごよみ』とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★

 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -