スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

市川由紀乃さん「はぐれ花」キャンペーン

4月17日(月)

 

3月29日市川由紀乃さんの

新曲「はぐれ花」キャンペーンが行われました

昨年末、紅白歌合戦初出場を遂げ、まさに今一番注目の女性歌手として知名度、認知度、人気、実力が高まった所で満を持して発売した2017年の勝負曲「はぐれ花」を3月22日にリリースしてオリコン演歌ランキング初登場1位、そして総合でも11位と絶好調のスタートを切った市川由紀乃さんにお越しいただけて嬉しいですし、超満員のお客さまで文字通り溢れかえりました

 

 

この日2回目のイベントなので16時からだったんですが朝から整理券をもとめにたくさんのお客さまにお越しいただいておりました。

由紀乃さん御一行が到着する頃には店の前にもたくさんのお客さまがお集まりいただいておりました。

14時半から入場開始する頃には周囲が人で溢れかえって注目の的になりました

そしてスタンバイ、進行はキングのTさんです

「ちょうど時間になりました市川由紀乃さんにご登場いただきます。盛大な拍手でお願いいたします」

 

会場に入りきらず階段や1階でお待ちのお客さまに上がっていただくためにまずはそのままご入場

「皆さまこんにちは〜市川由紀乃です。お忙しい時間帯の中、たくさんのお客さまに足をお運びいただきまして本当にありがとうございます。日頃から鈴木楽器さんでお目にかかるお客さま、そして初めましてのお客さまも今日はたくさんいらっしゃる事と思います今日のこの時間を楽しみにやってまいりました、それではさっそく新曲『はぐれ花』歌わせていただきます」とお話をして大歓声の中、披露していただきました。

 

 

「キャンペーンというのはこうしてお客さまとの距離も近いですし、皆さまのお姿がこの目にハッキリと焼き付けられるというこの距離感で歌わせていただけるというのがドキドキしながらも皆さまの温かさをより感じる。やはりキャンペーンというのは私自身の原点でもあり、そしてずっとこれからもこの皆さまとの触れ合いの時間というのを続けていきたいと私自身も強く思っております。デビューをさせていただいて本当に月日は流れまして、年もおかげ様で重ねてまいりまして、今年24年目を迎えさせていただいております拍手拍手拍手拍手拍手何事も自分の中では三日坊主だった子供時代がありまして、大好きな歌だけはずっとずっと続けてこられました。でも一人ではけっして続けてこられたわけではなくて、やはり聴いてくださるお客様がいらっしゃって、影で支えてくださるスタッフの皆さまがいらっしゃるからこそ今日このステージに立たせていただいております。作品との出会いが皆さまとのご縁を結びつけてくださって、皆さまはカラオケとかで行きつけのとかでお友達が市川由紀乃の歌を歌ってくれて、この歌いい歌じゃない誰の歌よ!という事から市川由紀乃を知ってくださったという方もたくさんいらっしゃる事と思います。一昨年発売をさせていただいたこの歌は今でも全国各地お邪魔させていただきますと歌ってるよ!聴いてるよ!今度発表会で歌うわよ!とお声をいただいてる作品です『命咲かせて』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「一昨年発売をさせていただきました。『命咲かせて』お客さまのアツい由紀乃コールを頂戴いたしまして幸せな想いで歌わせていただきました。昨年2016年は本当に自分の歌手人生の中で一番充実した、そして見る事ができなかった、見たことが無かった景色を皆さまの応援のおかげで大晦日見させていただくことができました。本当にありがとうございます。拍手拍手拍手拍手拍手キチンと皆さまにこうして御礼の気持ちをお伝えできるというのもやはりキャンペーンでキチンと皆さまのお顔を見てお伝えしたいという想いも強くありまして、今日は新曲のキャンペーンでお邪魔させていただきながらも嬉しい報告とまた皆さまに対する御礼の想いをお伝えすることができてとっても幸せです。本当に当日は目まぐるしいというか忙しさの中、あぁこうやって舞台裏はなっているんだというくらい一分一秒がすごく早く刻まれている中にもたくさんのスタッフの方がいらっしゃってこの歌の時はここにスタンバイしてくださいとか決められているのでそれ以上早くてもそれ以上遅くても逆に早くスタンバイしてご迷惑をおかけてしまう事もあるので、こういう風に舞台裏はなってるんだという想いでステージ踏ませていただきました。色々な演出をスタッフの方々が温かい演出をしてくださって、会場には母が見守ってくれる中、そしてTVの向こう側では市川由紀乃を支えてくださってた皆さんが見てくださってるってそう思うだけで本当に緊張といいますか今までにない緊張を感じました。でも自分の中できっと泣いてしまうんじゃないかなとかまた泣いてしまった時の準備をしたり、でも本当に演歌の諸先輩方、五木ひろし先輩であったり坂本冬美先輩、石川さゆり先輩が歌う時は泣かないで歌ってほしいと、それがファンの皆さまに対する感謝の気持ちだから絶対に泣くんじゃないと、先輩方に温かいアドバイスをいただいて、当日自分の中でしゃべってる間も自分の中で爪を指に立てながら必死にこらえながらあふれ出てくる涙を必死に抑えて歌いきる事ができて最後の最後「蛍の光」を皆さんと一緒に歌って楽屋に戻ってからワ〜っと思いきる泣かせていただきました拍手拍手拍手拍手拍手その涙をこぼした楽屋の鏡前の向こう側が島津亜矢先輩で私が声をあげて泣いている声を聞いて亜矢さんも一緒に泣いてくださって(笑)素晴らしい先輩方に支えていただきながら皆さまの応援があったからこそ立たせていただいたステージです。これからも一つひとつのステージ、お仕事を大事に大事に務めさせていただきながらそしてまた今年も皆さまと一緒に夢を追い続けていきたいという想いです。拍手拍手拍手拍手拍手そのためにはやはり本当に一つひとつの大事なお仕事を精一杯努力をして、大事に大事に歌を、そしてお仕事を務めさせていただきたいと思っております『心かさねて』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「今日はこのお客さまの温かさに包まれておりますが、皆さまのお言葉であったりお心というのがこう色々と悩んだり自分の中での落ち込んだりする事もあるんですけれども、でも些細な事で落ち込んでいてはいけないと思いながら、うつむいた私の顔を上げて背中を押してくださる、聴いてくださる、応援してくださる皆さまの支えというのは私にとっての大きな原動力、活力になっていますお客さまありがとうございます」拍手拍手拍手拍手拍手

「今回の新曲『はぐれ花』カップリング曲がまた違った感じの作品になっております。ここ最近どちらかというと歌謡曲に近いタイプの作品がカップリング曲になっておりまして今回は歌謡曲というよりはフォークソングっていうんですかね喜多條忠先生作詩、いちむじんの山下俊輔さんが前作『あなたの港』という作品に続いて作っていただきました。とても懐かしく感じていただけるそんな作品だと思います『情小路のなさけ雨』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「今回はまた違ったタイプの作品を先生方が作ってくださいました。是非こちらのカップリング曲も皆さまに愛していただけたらとても幸せです。でもこれからさらに頑張っていく作品は『はぐれ花』になっております。ジャケットで前回と違う所はおでこを出しております(笑)そうなんです、最近色々番組とかで、またステージで前髪を下したり、色々な感じで仕上げてもらうんですけれども、前髪があった方が好きだよ!とかたまにはおでこ上げた方がいいよ!とか色々な声をブログを通して色んなメッセージをくださってそういうお声をくださるという事だけでも私の中では嬉しくて、今度はこんな感じにしようかなぁとか色々と皆さまに喜んでいただきたいという想いがありまして、でも幼い頃、祖母によく言われていたのがおでこを出した方が目上の方から好かれると(笑)子供の頃からよく言われてましてその言葉がやっぱり祖母が言ってくれた言葉というのいつも私の胸にあって、今年はより皆さまにご恩返しの旅をしながらも自分自身が努力をして皆さま方にずっと愛していただきたい、そんな想いも込めまして今回は前髪を上げてみました。なので色々な番組に出演させていただく時はこういう髪型の時もありますし、また違った色々なバージョンを皆さまに楽しんでいただきたいと思います。皆さまが色々とお言葉をくださいまして自分の中でも色々な事に今年はチャレンジしていって、たとえ失敗してもいいからまずはチャレンジしようという想いで色んな事に取り組んでまいりたいと思います。またブログを通して皆さまに色々な想いを綴ってまいりますので是非ご覧になっていただきたいと思います。幸せな時間というのはあっという間に過ぎてしまいまして続いての曲が最後になります、最後はもちろん新曲『はぐれ花』を歌わせていただきたいと思います。今日は本当にお忙しい中をたくさんのお客さま足をお運びいただきましてありがとうございます。これからも皆さまに対する感謝の想いを忘れずに私はひたすら努力を重ねていこうと強く思っております拍手拍手拍手拍手拍手皆さまとの出会いが本当に私の宝物です。一日でも長くこの歌の道をずっと歩んでいきたいと強く思っています、新曲『はぐれ花』お聴きください」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★


 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

中澤卓也さん「青いダイヤモンド」キャンペーン

4月14日(金)

 

3月29日に1月にデビューしたばかりの

中澤卓也さんのデビュー曲「青いダイヤモンド」キャンペーンが行われました

この日はイベントも2件あったので朝から本当にたくさんのお客さまにお越しいただいておりましたが、中澤さんのキャンペーン目的のお客さまが多くてビックリ(いい意味ですw)正直言いますとイスを全部出したのを後悔するほどの人出でデビューしたばかりの新人さんでは本当に異例の満員御礼でした

 

中澤さんは10時半頃に到着。準備もできてリハをする頃にはすでにお客さまも多数いらっしゃいましたがそんな中でもリハ終了してお支度へ

その後もどんどんお客さまがお越しになり、会場いっぱいになった所で用意されていたCDも完売。ザワザワする中でスタンバイ

進行はCTMDのHさんです

「大変お待たせいたしました。それでは日本クラウン、中澤卓也さんの登場です、大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

中澤さん登場

人が多すぎるのでひとまず会場を落ち着かせてからのスタートです

「では中澤卓也のミニライブ今からスタートしたいと思います。皆さんご準備よろしいでしょうか!」拍手拍手拍手拍手拍手

「では私のデビュー曲『青いダイヤモンド』からお聴きください!!」

とタイトルコールしてまずは1曲披露していただきました

 

 

改めてご挨拶

「改めまして皆さん!こんにちは〜2017年1月18日に日本クラウンから『青いダイヤモンド』という曲でデビューさせていただきました、歌うダイヤモンド!そしてあなたのダイヤモンド!ミラクルボイス中澤卓也です拍手拍手拍手拍手拍手よろしくお願いいたします。私、新潟県の長岡市という所の出身で今21歳です。皆さん今日は若いエキスを吸っていただきたいと思います、僕が倒れない程度にお願いしますね(笑)私は上京して今年の3月で2年になったんですけども、まだ全然出てきて間もないんですが、実は上京してきて経堂という所に住んでたんですよ、今は別の場所に引っ越しましたけど。小田急線沿いなので町田にはよく来ていました(笑)買い物にもよく来てましたけど大好きなラーメン屋さんを見つけてしまって通ってましたので今日はそんな町田で歌わせていただけるという事でひじょうに楽しみにしておりました。最後までどうぞよろしくお願いいたします拍手拍手拍手拍手拍手私、デビューのきっかけがありまして、4年前のNHKさんののど自慢が歌手デビューのきっかけだったんです。ちなみに今日初めて僕の事を見る方いらっしゃいますか?多いですね〜ありがとうございます。ぼく4年前に高校2年生の春だったんですけど地元の新潟県の長岡市という所でNHKさんののど自慢があって、出場して森山直太朗さんの「さくら」という曲を歌わせていただいたんですよ。それを歌って今週のチャンピオンというのになって、それだけでもすごく嬉しかったんですけど、たまたま日本クラウンの方がその放送を見てたんです。そうしたら自宅に電話をいただいて『日本クラウンのモノですけど中澤くんの映像を見ててピンとくるものがあったので一度お話をしませんか」と、最初ちょっと大丈夫かなぁと思ったんですけど、でも会社の方がわざわざ新潟まで来てくださって、両親と僕と色々お話をしてそして今こうしてデビューをしているんですね。なので今日はその森山直太朗さんの「さくら」きっかけとなった曲を聴いていただきたいと思います。これから温かくなると桜が咲きますね、その頃の事を思い浮かべながら聴いていただきたければなと思います。それでは聴いてください森山直太朗さんの『さくら』とお話をしていただいて歌っていただきましたが、そのまま次の曲『君は心の妻だから』も披露していただきました

 

 

「ありがとうございます。森山直太朗さんの「さくら」そして「君は心の妻だから」聴いていただきました。本当にこの曲を歌ってデビューのきっかけをつかみましたので大切に大切に歌っていきたいなと思っております。ムード歌謡ですね「君は心の妻だから」僕は妻いないんですけど(笑)21なので(笑)でもどうでしたか?拍手拍手拍手拍手拍手これからも色んなジャンルに挑戦していきたいなと思っております。これからも応援よろしくお願いいたします。では次は少し盛り上がる曲にいきたいと思います。皆さんお手拍子の準備をお願いいたします、三波春夫さんの『チャンチキおけさ』です、私新潟出身ですから新潟といえば三波春夫さんですね。皆さん是非よろしくお願いします」とお話をして歌っていただきました

「ありがとうございます、続いても皆さん盛り上がる曲です!新沼謙治さんの『嫁に来ないか』です」とタイトルコールして歌っていただきました

 

 

「今ので何人のハートを射抜きましたかね(笑)今日は本当にたくさんのお客さんいらっしゃってますね、ありがとうございます。皆さん僕の事を何で知りましたかね?TV?ラジオとかもですか?ありがとうございます、これからも色々な番組に出していただけるように頑張ります。それから私、TVとかではないんですけれども、6月21日に地元の新潟県でプロデビュー初のソロコンサートをさせていただくことになりました拍手拍手拍手拍手拍手6月だとまだデビューして5ヶ月しか経ってない事になるんですけれども、5ヶ月でソロコンサートをさせていただけるというのは本当にありがたいお話で応援してくださる皆さまのおかげです、本当にありがとうございます。チケットの一般発売は4月5日からでございますのでよかったらお求めください。次は自分の曲にいきたいと思います。カップリングに『黄昏に』という曲がございます。この曲もひじょうに良い曲ですのでじっくり聴いてくださいそれでは『黄昏に』聴いてください」とお話をして披露していただきました

 

 

「この曲は『青いダイヤモンド』とは対照的なバラード調の曲です。『青いダイヤモンド』はアップテンポな曲とバラード調の曲も聴ける一石二鳥ですね(笑)青いダイヤモンドって本当に実在するらしいんですが、普通のダイヤモンドと違って色が付いてる分高価なんですって何億円とか何千万とかするらしいんです。ところが中澤卓也の青いダイヤモンドは1枚1300円なので(笑)是非よろしくお願いいたします。最後の曲は私のデビュー曲『青いダイヤモンド』をフルバージョンで歌って終わりにしたいと思います。振りつけがありますので是非皆さんに覚えて帰っていただきたいと思います。それでは『青いダイヤモンド』皆さんありがとうございました!」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

 

(演担K)

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(2) | -

丘みどりさん「佐渡の夕笛」キャンペーン

4月8日(土)

 

3月25日丘みどりさんの新曲

「佐渡の夕笛」キャンペーンが行われました

昨年「霧の川」で大ブレイクした丘みどりさん。およそ歌謡番組で見ない月はないというくらいTVに出てるので認知度も飛躍的に上がって注目度抜群です。

 

 

早朝からたくさんのお客さまにお集まりいただきまして、ちょっと久々かなというくらいの人数に正直驚くと共に改めての注目度の高さを知るのでありました。

みどりさん御一行は10時半頃に到着

朝の段階で整理券入場に切り替えて入場開始の時間になった頃には外はたくさんのお客さまで溢れかえることに汗汗汗

そんなこんなでごった返す中スタンバイ、進行はキングのSさんです

「大変長らくお待たせをいたしました。丘みどりさん新曲キャンペーンスタートです」

 

みどりさん登場

まずは昨年ヒットした前作『霧の川』から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「改めまして皆さんこんにちは〜たくさんお集まりいただきましてありがとうございます。丘みどりですよろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手前回こちらにお邪魔させてもらったのは今歌いました『霧の川』のキャンペーンでそしてその『霧の川』の前はずいぶん前に来させていただいたという事で、前回見に来たよという方はいらっしゃいますか?ありがとうございます。ちなみに今日、丘みどり初めてだよという方いらっしゃいますか?たくさんいらっしゃいますね、ありがとうございます。2005年にデビューをいたしまして今年で12年目になります。最近丘みどりを知ったという方がほとんどだと思います。昨年もう一歩もう二歩前進したいという想いで東京に出てまいりまして事務所を移籍し、レコード会社を移籍し東京の生活がスタートしたワケなんですが、ようやく皆さんに知っていただけるようなTVにも出演させていただけるようになり、12年間やってきてよかったなとあきらめなくてよかったなと去年は想うことができました。本当に皆さんのおかげです、ありがとうございます」拍手拍手拍手拍手拍手

「そして2005年にデビューをさせていただいてから色んな曲を発売させていただいたんですが、とびっきり元気のいい曲が1曲あります知ってる方もいらっしゃると思いますが『木曽恋がらす』という曲なんですが股旅演歌になっておりましてこの前奏の部分に掛け声をする所がありますので皆さんで元気いっぱいよろしくお願いいたします、それでは聴いてください『木曽恋がらす』です」とお話をして大盛り上がりで歌っていただきました

 

 

「皆さんみどりちゃんコールのご協力ありがとうございました。今日初めて丘みどりを見るという方に少し自己紹介をさせていただこうと思います。私は兵庫県の姫路市出身でして、姫路市といいましても姫路の駅からだいたい1時間くらい山の中に入った所でして裏山からは鹿や猿やいのししが出るようなそんな自然豊かな所で育ちました。町のマラソン大会で1等になるといのしし一頭もらえる(笑)そんな自然豊かな場所に育ちまして、5歳の頃からおばあちゃんと一緒に民謡教室に通っておりました。そして初めて連れていってもらった鳥羽一郎さんのコンサートを見て、当時幼稚園児だったんですが感動をしおばあちゃんに初めて買ってもらったCDが鳥羽一郎さんの「兄弟船」のCDでして、そのコンサートの帰りにおばあちゃんとお母さんと3人で見に行ってたんですが私、大きくなったら演歌歌手になるから見といてねと約束をしてその夢が叶ったのが2005年。2005年にデビューをした時にはおへそを出して演歌を歌う女の子というキャッチフレーズでデビューをいたしまして、おばあちゃんはキレイな着物を着て振袖を着てデビューをしてくれると思っていたので初めてTVに出たのを見てひっくり返っておりました(笑)そんなおばあちゃんも今でも元気にしておりまして、地元ではとっても田舎ですので丘みどりちゃんのおばあちゃんですか?とスーパーに行くと言われるのが最近嬉しいそうです(笑)少しではありますがおばあちゃん孝行できてるかなと思っております。ここでTVのお知らせをしたいと思います。4月16日はNHKのど自慢に出演します拍手拍手拍手拍手拍手また日程などは丘みどり毎日ブログを書いておりますのでまたはホームページで確認をしていただいて、あ、この前見た子やなと思い出していただけたらと思います。色んな番組で数々の名曲をカバーさせていただく事が多いんですが、今日は何を歌おうかなと思いまして3曲用意しました、この歌が聴きたいわ〜というものに手を挙げていただきたいと思います・・・・・・3曲とも同じくらいでしたね〜それでは皆さんのリクエストにお応えして3曲メドレーでお聴きください(笑)」とお話をして『瀬戸の花嫁』『酒場にて』『北国行きで』と歌っていただきました

 

 

「皆さんのリクエストにお応えして3曲メドレーでお聴きいただきました。さて、今回の新曲は両A面シングルという事で2月8日に発売しております。『佐渡の夕笛』『雨の木屋町』なんですが両A面シングルまず、今はTVで歌わせていただいてる時は『佐渡の夕笛』を歌わせていただいておりますが後半はこの『雨の木屋町』を歌っていこうと思ってる所なんですけれども、作曲が愛田健二さんで「京都の夜」を歌われた歌手の方でいらっしゃいます。とってもよい曲に仕上がりました、とってもいい歌詞にもなっておりますので歌詞にも注目して聴いていただけたらと思います『雨の木屋町』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「2月8日に発売した『佐渡の夕笛』なんですけれども、もう歌えるよ!という方いらっしゃいますか?ありがとうございます。この曲のポイントとしましては・・・・・とここからはワンポイントのコーナー・・・・・皆さんとってもお上手です、ありがとうございます。色んな所に今、2月8日に発売してから1日も休みなくキャンペーン、コンサート、テレビの収録と突っ走っております拍手拍手拍手拍手拍手体大丈夫?と色んな方に心配していただくんですが、大丈夫です。私はこういう風に毎日、歌いたくて今日まで頑張ってきたので今の生活が一番幸せでございます。ご心配いただきありがとうございます。1月に東京に引っ越ししてきたんですけどスケジュールを見てたら全然東京にいる時間が少なくていったい私はどこに住んでるんだろうって感じなんですけれども、少し余裕ができたら東京の観光も行きたいなとか思いますのでここが美味しいよとかここ行ってみたらとかありましたら教えていただけたらなと思います。まだまだ2月8日に発売になってから始まったばかりのキャンペーンになっております。まだ二度三度と近くに丘みどりが来る事もあると思いますので是非その際はまた会いに来ていただけたら嬉しいです、どうぞよろしくお願いいたします拍手拍手拍手拍手拍手それでは2月8日に発売になりました丘みどりの新曲、最後にフルコーラスでお聴きください『佐渡の夕笛』とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます


★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★
 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

大石まどかさん「女の錦秋」キャンペーン

4月4日(火)

 

 

3月15日大石まどかさんの新曲

「女の錦秋」キャンペーンが行われました

大石まどかさん約1年ぶりの登場です。しかも発売日!今回も素敵な1曲ですね、特にアレンジ最高にかっこいいです

 

10時半頃にまどかさん御一行は到着。

準備も終わって時間になりスタンバイ

進行はコロムビアのYさんです

「皆さまお待たせいたしました!大石まどかさんの登場です拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

まどかさん登場

まずは最新曲『女の錦秋』から披露していただきました

 

 

そしてごご挨拶

「ありがとうございました、本日3月15日に発売になりました新曲『女の錦秋』聴いていただきました。改めまして皆さまこんにちは〜今日は寒いですね〜昨日からみぞれが降ったり所によっては雪が降ったりして、3月に、桜がそろそろ咲くかなと思ったらこんなに寒くなっちゃいまして、まぁでも東京は2月3月にあったかくなるなと思った所にドカンと寒さが来る気がしますけれども、もうあと何日かしたら春が近づいてきて桜が一気に咲くかなぁという気がしますけれども、今日はこの『女の錦秋』という歌を持ってキャンペーンにお邪魔させていただきました。改めましてコロムビアレコードの大石まどかでございます、短い時間ですけれどもどうぞ最後までよろしくお願いします」拍手拍手拍手拍手拍手

「『女の錦秋』生の歌声はもちろん初めてですよね、今回はとってもドラマチックにで、今回は9行詩でちょっと歌詞を覚えるのに大変な行数でございまして、最近は5行6行というのが当たり前ですけれどもドラマチックな歌を作ろうとするとどうしても歌詞が長くなってしまうというのがあるんですけれども今回は京都を舞台に叶わぬ恋でございます。これは偲ぶ歌ではないんですよ、お互い目標、目的があって進みたい道があってその道を突き進んで行くためには一緒になることができない、好きなんだけれども別れてしまうという大人の純愛歌でございます。是非、今日を機会に覚えて歌っていただきたいと思います。昨日からキャンペーンが始まりまして、怒涛のキャンペーンでございまして自分がどこにいるかわからないくらいの忙しさになってきてるんですけれども(笑)続いては前作、伊豆を舞台に歌ったとてもしっとりとした25周年記念曲として弦哲也先生に書いていただきました。『命燃えて』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「『命燃えて』お聴きいただきました、この曲の時もお邪魔させていただきましたよね。私、今はTVの方もやらせていただいてるんですけど、月曜日の朝、BS12で朝、【みんなの笑待夢(ショータイム)】という番組なんですけど月曜日の朝5時半なんですよ、私は録画して見ているんですけど(笑)この番組は今までの番組と違って、まぁ普通はゲストをお迎えして新曲を聴いていただいてとかプロモーションビデオを見ていただくという番組ですけれども、【みんなの笑待夢】はラーメン屋の屋台の女将と店主、女将は私で割烹着に白い長靴履いてるんですけど、店主が和田青児さんなんですけど、この人がグータラ亭主でラーメン屋なのにラーメンを作ってくれないんですけど(笑)そのコントがスゴく面白いというので朝起きて見てくださってり録画して見てくださったりしてます。とても面白いので月曜日の朝から見るととっても元気になって1週間元気に過ごせる番組ですから是非ご覧いただきたいと思います。先ほどチラッとお話をしましたけど私は北海道の出身なんですよ、わたしの父は民謡の師範をしておりまして小さい頃から民謡を歌っていたんですけれども、まぁ何故か私はデビューしてから26年目、シングルだと40作くらいあるんですけれども、大体艶歌ばかりでまず耐え忍ぶ、泣く!そんな寂しい女性ばっかり歌ってきましたけれども、いつになったら民謡の鍛えた喉と声とこぶしが使える歌が来るのかなぁと思いましたところ、やっと前々作ですねいただくことができあました、カラオケでも応援していただいて今でも歌ってくださってる方がたくさんいます『居酒屋 津軽』聴いていただきたいと思います」とお話をして歌っていただきました

 

 

「続いての歌は『女の錦秋』のカップリング曲『恋路が浜暮色』といいまして、歌詞の中に伊良湖岬って書いてますけど愛知県にあります伊良湖岬なんですけれども、この歌は元々『うちの人』という曲のカップリング曲で弦先生に作っていただいた曲なんですね、まぁファンの方から古い曲だけどとっても良い歌だからまた入れてほしいというお声をいただきまして、また今回カップリングとして入れさせていただいたんですけれども、『女の錦秋』とはまた違った感じのドラマ性のある歌でございます。私はどちらも好きなんですけれども、それでは『恋路が浜暮色』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「この歌もいい歌でしょ胸がきゅんきゅんと切なくなってくるそんな歌でございます。それでは最後の曲になりますが、もう一度『女の錦秋』をフルコーラスで聴いていただきたいと思いますけれども、告知でございますが、4月5日にBS朝日で五木ひろしさんが司会の番組【人生、歌がある】こちらの方は3時間スペシャルで私も出演させていただきます、大変豪華なメンバーが出演しておりますので見ていただきたいと思います。最近はBSの方で歌番組が増えてきたので是非、BSで演歌の番組を見ていただきたいと思います。そして私スマートフォンを使ったアプリでテイクアウトライブというのがありまして無料アプリなんですけどそれを入れてカード(有料)にあるバーコードを読み取りますと25周年コンサートの模様が4曲見れたりプロモーションビデオが見れたりするというアプリなのでテイクアウトライブカード¥2000なので是非お求めいただいてご覧いただきたいと思います。それでは最後に『女の錦秋』聴いてください」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

工藤あやのさん「恋ごよみ」予約キャンペーン

4月2日(日)

 

3月12日工藤あやのさんの

4月12日に発売する新曲『恋ごよみ』の予約キャンペーンが行われました

工藤さんの予約キャンペーンも今回で3曲目なのでなのでお馴染みになってきましたね、新曲はビックリするくらいイメージの変わった素敵な大人の1曲です

 

 

工藤さん御一行は10時半頃到着。

さっそく声だしをしていただいてお支度へ

お客さまもお集まりいただいた所でスタンバイ

進行はCTMDのWさんです

「4月12日発売の最新曲『恋ごよみ』の新曲予約キャンペーンスタートしたいと思います。まずは前作となります『故郷さん、あいたいよ』で登場いたします、大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

あやのさん登場

まずは現在の最新曲から披露していただきました

 

 

 

そしてご挨拶

「改めまして皆さん!こんにちは〜山形県山形市出身山形のひだまり娘、工藤あやのと申します。どうか最後までよろしくお願いいたします。今日は晴れてよかったね〜本当に皆さんのおかげで晴れ女を発揮できておりますけれども、、最後は今ちょっと日頃お仕事でお疲れなんだろうなぁと曇り空のそのお顔を最後は晴れわたる青空のようなお顔で帰っていたあdけるように精一杯、心を込めて歌わせていただきます。おかげ様で工藤あやの歌手生活4年目に突入という事で本当にあっという間だなぁと感じますけれどもどうですか?見た目とか変わりましたかね?ポスター見た時に工藤あやのって歌手、他にいたっけか?と思うくらいの変化だったかなと思うんですけれども、3年間は故郷を想う曲を歌わせていただきましたが今年は本当に切ない女ごころを歌った曲という事で、でも中身は何にも変わってねぇの!山形弁、故郷への想いは残しつつ、もっともっと色んな目で楽しんでいただけるようにこれからも精一杯精進してまいりますのでよろしくお願い致します。それでは続きましての曲は昨年発売させていただきました『故郷さん、あいたいよ』特別盤の中から普段の工藤あやのを封印して女の子っぽくこの曲聴いてください小柳ルミ子さんの『瀬戸の花嫁』とお話をして歌っていただきました。

 

 

「昨年はCDを2回発売させていただいて、自分にとってのアルバムまではいかないけれどもミニアルバムのような形でカバー曲を3曲収録させていただきました。最近はおかげ様でラジオとかTVにも出演させていただいております。工藤あやのはデビュー作から3作ほどは本当に女の子らしいかわいい歌声でお届けしてきたんですけれども、せっかくですから続いてはかっこいい低めの声でお届けできる曲を歌わせていただきます、聴いてくださいこの曲です。続きましても小柳ルミ子さんの『京のにわか雨』とお話をして歌っていただきました

 

 

「なんでこの曲にしたかといいますとNHKさんの歌コンという番組で京都特集の日があったんです、総勢女性何人だっけべかなぁアイドルさんとかも含めて40名くらいの方が全員着物を着て京都のメドレーをお贈りしたんですけれども、あんなにたくさんの人数で着物を着て歌って踊るという事がなかったのであの番組普段19:30から放送している番組なので会場に入る時間も遅いんだろうなぁと思われる方が多いと思いますがその日はなんと朝の9時半にはNHKさんに入っておりました。せっせと練習しておりまして苦労しましたが何とか生放送を乗り切る事ができました。そして工藤あやのはTV、ラジオだけでなく自身初となるソロコンサートを5月1日にさせていただく事になりました(北区の北とぴあ/つつじホール)是非チケットお求めいただいてお越しください、よろしくお願いいたします。続いては新曲を歌わせていただきたいと思いますがまずはカップリング曲、今回AB両面とも作曲は恩師、弦哲也先生、作詞は三浦徳子さん。松田聖子さんの何作も作っていらっしゃったり名曲を何曲も書いていらっしゃる方で黄金時代のアイドルソングを手がけてらっしゃる方、工藤あやのでまたアイドルの部分も出していただけたそんな曲になっておりますので皆さんお手拍子をお願いしたいと思います、ノリにのってお届けしたいと思います、聴いてください『ときめきロマンス』とお話をして歌っていただきました

 

 

「この曲がカップリング曲です、どうですか?・・・よかったですか!ありがとうございます。本当にノリのいい曲ですので歌っていただければと思います。さぁまだA面の方は出し惜しみして、続いてもまた名曲を歌わせていただきたいと思いますが、今年は酉年でもありますので続いては鳥の歌を聴いていただきたいと思います『かもめが翔んだ日』と曲紹介をして歌っていただきました

 

 

「バラバラの手拍子でしたけど最後揃ってよかったです(笑)一緒に盛り上がっていただけるというのは本当に歌手として嬉しいものです。さぁそれでは続いての曲で最後の曲になりますが最後はやっぱり『恋ごよみ』お届けしたいと思います。こちらはタイトルにある通り、恋の歌です。でも幼い時の甘酸っぱい恋愛ではなくて大人になりかけてる女性の切ない恋物語となっております。大人びた女性の歌なもんですから、まだ私も背伸びしないと届かないんですけれども、皆さんにとっても今現在幸せな方もきっと一つや二つ切ない恋愛を経験した事があるんじゃないかなぁと思いますので男女問わずこの歌、聴いて歌ってそして広めていただけたら嬉しいです。本当に今までの歌とはガラッと違う曲でございますので工藤あやのスイッチ入れますから3秒お待ちください・・・それでは渾身の1曲お届けしたいと思います。本日はお忙しい中お集まりいただきましてありがとうございました、それでは聴いてください4月12日発売の新曲です、工藤あやので『恋ごよみ』とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★


  

 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -