スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

沖田真早美さん「有明の月(特別盤)キャンペーン」

7月23日(日)

 

6月16日に沖田真早美さんの

新曲「有明の月」(特別盤)のキャンペーンが行われました

沖田さんはコンサート会場などで即売でお会いすることはありましたが店舗でのイベントは約10年ぶりでした(しかもその頃は支店でのイベントでした)

 

 

沖田さんは11時頃に到着、以前やった所と場所も違えば雰囲気も違うので諸々確認事項だけしてスタンバイ

進行はCTMDのWさんです

「徳間ジャパンの沖田真早美さん『有明の月(特別盤)』のキャンペーンスタートしたいと思います、まずは前作になります『落花繚乱』で登場です、大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

沖田さん登場

まずは前作から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「改めまして皆さまこんにちは〜徳間ジャパンの沖田真早美と申します。今日はこちらにお邪魔させていただくことができ、こうして皆さまお集まりいただきまして本当に嬉しく思っております。今日は最後まで精一杯歌わせていただきますのでどうぞ皆さまお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます」拍手拍手拍手拍手拍手

「まずご挨拶に歌わせていただきましたのは私、沖田真早美の前作でございます『落花繚乱』という歌でご挨拶させていただきました。今がんばっている曲が『有明の月』という歌なんですけれどもこの『落花繚乱が私にとっての基点になりましてこの曲を作るに当たってプロデューサーに色々わがままを言ったんです。石川さゆりさんとか、坂本冬美さんが大好きだからそんな激しい女ごころが歌いたいと色々とわがままを言って作っていただいたのがこの『落花繚乱』という歌なんですけれどもおかげ様で本当にたくさんの全国の皆さまにもこの曲を歌っていただくことができまして、そうしましたら『落花繚乱』に続くドラマチック歌謡第2弾という事で『有明の月』を発売させていただきました。この『有明の月』という歌は昨年の8月に発売させていただいた作品なんですけれども本当にたくさんの皆さまに応援していただきまして、レコード会社の方でもっともっとたくさんの人に知っていただこうじゃないかという事でこの5月10日に『有明の月(特別盤)』という事でまた新曲として発売をさせていただきました。こちらは通常盤も3曲でお得だったんですけれども『落花繚乱』も加えた4曲収録されているのにお値段据え置きの1300円ですので大変お買い得になっておりますのでこれをご縁にお求めいただけたらと思います。もう1曲『湘南・江ノ電』という歌を入れさせていただきましたが実はこの『湘南・江ノ電』というのは私が徳間ジャパンに移籍して2作目に出しました『海峡ざんげ』という歌のカップリング曲なんです、この曲を作詩しましたのが木下龍太郎先生が作詩してくださって、先生がすごく心配してくださって今度はどんな歌にしようかねぇなんて色々考えてくださっていたんですがちょうどその頃水森かおりさんの「五能線」という歌が木下先生の作品で大変流行してまして、沖田くん今電車がいいと思うんだよねって言われてあ、そうですね〜なんて話していて私出身が神奈川県茅ケ崎市なんですけども、近くを走ってるわけじゃないですけど江ノ電という電車が走っておりますけれども江ノ電の曲をじゃあ書いてみようかなと言うから先生一緒に取材旅行に連れていってくださいという事で途中で色々なものを食べたりしたそんな思い出がたくさん積もった作品なんですけれども、『海峡ざんげ』でこの『湘南・江ノ電』を発売させていただいてから本当に皆さまからも温かなご声援をいただいていた作品でございます、こちらは今回特別盤の方にまた収録させていただきましたのでカラオケにも配信になっておりますのでまた歌って応援していただければと思います。『湘南・江ノ電』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「『有明の月』の特別盤に入っております曲で『ときめいて〜アモーレ』私にとって初めてのデュエット曲なんですよ。アモーレという言葉が昨年サッカーの長友選手が使ったことで一躍有名になりましたけれども話題になる前にすでに曲が出来上がってた事だけお伝えします(笑)デュエットのお相手はバスストップの平浩二さんですごく優しい先輩でいつも気にかけてくださっています。今日もせっかくでございますので皆さまに聴いていただきたいなと思うんですが、なんたって一人で歌うのは寂しいんですよデュエット曲ってなので今日は鈴木楽器さん用の平浩二さんを見つけたいなと思うんですけれども覚えて歌ってるよ!という方は・・・・・・・いらっしゃらない(苦笑)それではこちらのお客さまに今日は平浩二さんになっていただきたいと思います(男性のお客さまをステージへ)それでは私、沖田真早美と平浩二さんのデュエットで『ときめいて〜アモーレ』とお話をして歌っていただきました(オモチャのマイクで歌っている風にやっていただきましたw)

 

 

「『ときめいて〜アモーレ』もたくさんの皆さまに歌っていただいてるようなので愛唱歌の1曲に加えていただけたら嬉しいです。昨年8月に発売した方の『有明の月』にはもう1曲『きずな橋』という歌を入れさせていただきました。大変カラオケでも歌いやすいしあわせ演歌でございます。是非よかったら覚えて歌ってみてください『きずな橋』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「今日はこちら鈴木楽器さん私もお邪魔したのが10年近く前?その時にお邪魔させていただいた時から私は茅ヶ崎なものですから遠くはないんですけどお邪魔させていただく機会が中々なかったんですけれどもこうしてお邪魔させていただく機会もいただきましてお客さまにもお集まりいただきまして沖田真早美の歌を聴いてくださりすごく嬉しいです。今、ラジオも頑張らせていただいておりましてラジオ日本で毎週金曜日24時〜25時【それゆけ歌謡道中】という番組の中で【沖田真早美の歌の各駅停車】というコーナーをやらせていただいております。後は茨城放送の番組とか新潟放送の番組もやらせていただいております、そして私の地元の方のコミニュティFMでレディオ湘南というのがあるんですけれども、そちらで毎週日曜夜21時〜22時【沖田真早美の月の輝く夜に】という番組をやらせていただいております。今は便利な世の中でパソコンとかスマートフォンで全国どこでもラジオが聴けるようでございますからよかったらそちらも聴いていただければと思います。またこの4月から愛知県豊田市にありますケーブルTVひまわりネットワークというケーブルTVの【歌が一番】という番組もやらせていただいております。そしてこの5月10日に『有明の月(特別盤)』を新曲として発売させていただきました。色んな番組にもゲスト出演させていただくと思いますTV,ラジオなどで沖田真早美を見たり聴いたりした際には今日こちらに来られなかったご家族、ご友人、ご親戚にすぐに連絡をとっていただいて沖田真早美ってとってもかわいいよと一言付け加えていただいて応援していただけたら私も一歩一歩階段を登っていけると思います、頑張りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます」拍手拍手拍手拍手拍手

「それでは今頑張っている曲が『有明の月』という歌でございます。この曲は『落花繚乱』に続くドラマチック歌謡第2弾という事で発売させていただきました。私はこの曲をいただいた時にてっきり有明というのが地名かと思いまして有明海の月かなと思いまして、そうじゃないのよ有明の月というのは朝日が昇る頃に残ってる月の事を有明の月というんだよ、とあぁそうなんだと思って歌詞の方を見てみると大変幻想的でまるでかぐや姫にでもなったかのような作品でございます。それでは頑張っております『有明の月』よろしくお願いします」とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★ 


 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

竹村こずえさん「おんな三味線ながれ節」キャンペーン

7月22日(土)

 

6月14日竹村こずえさんの

新曲「おんな三味線ながれ節」のキャンペーンが行われました

竹村こずえさんもデビュー当時からで早4回目のイベントとなりました。今回は得意な三味線を持った印象的なジャケット写真です。

 

 

この日2回目のイベントという事で15時から開催でしたが、朝からご購入いただいた方もいらっしゃいましたね。

1回目のイベントからポスターなどをすばやくチェンジしてあっという間にスタンバイは完了w

こずえさん御一行は14時頃に到着。とりあえずのチェックなどをおこなってスタンバイ

進行はCTMDのNさんです

「それでは15時となりましたので竹村こずえさんをお呼びしますので登場の際は大きな拍手でお迎えください、まずは新曲『おんな三味線ながれ節』で登場です」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

こずえさん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

 

「まずは『おんな三味線ながれ節』聴いていただきました、今回は両A面です『あんたが命やった』2曲続けてお聴きください」と曲紹介をしてすぐ披露していただきました

 

 

「『おんな三味線ながれ節』『あんたが命やった』2曲続けてお聴きいただきました。改めまして女子育て一人道元トラックドライバーの竹村こずえでございます、今日はようこそ皆さまありがとうございます。今日、竹村こずえ初めてという方?そうしたら簡単に自己紹介させていただきたいと思います、2014年「能登の海鳴り」という曲でデビューさせていただきました。当時は色々話題にしていただきましたが、3人のお母ちゃんであり、元トラック運転手という事で色んな話題にしていただきましたが男性に負けないように大型免許を取りまして10tダンプに乗っておりました。その当時子供は小さかったので助手席やトラックの後ろを寝るスペースがあるのでそこで子供たちを乗せまして当時は粉ミルクやおむつ、三人分のお布団を積み込んでその当時は運転しながら子育てをしていたというそんなデビュー前でございましたけれども、おかげ様でそんな子供たちが今年で一番上の子から20、18、16と少し手が離れまして楽になりました。上から女、女、男なんですけど一番下の子が高校1年生で相変わらず男の子ってちょっと子供っぽい所がありまして、毎回東京行く度にお母さんお菓子もらえるかなぁって(笑)さて、今日初めてお会いさせていただいた方はTVとかポスターとかイメージがちょっと違うかな?と思われた方がほとんどだと思います。イメージ的にはおっきなイメージをされてた方が多かったと思いますけれども実はちっちゃかったという身長が146センチでございまして今日は高い所に立たせていただいておりますから皆さの目線からよく見えると思いますが、デビューからはずっとドレススタイルでした。そして前作では皮ジャンスタイルでしたけども、いつもドレスで足元は見えてませんでしたが実は15cmくらいのヒールを履いていつも背を大きく見せて歌手をしてたわけなんです。今回は初めての和服という事でどうしようかな、足元が目立っちゃうと思ったんですけど、足も小さいのでこの草履、別注で作っていただいたんですけど、ちょっと高さも出していただけませんか?とそんな注文いたしまして、ちょっと高めに作っていただいたんです。でも限界があったのでさらにどうしようと思った時に足袋があるじゃないかという事で足袋の中にも秘密兵器を入れまして、これでばっちり身長は150cm超えてるわけなんです(笑)身長に対してはこだわりを持っている竹村こずえでございますが、今日も元気いっぱい歌わせていただきます、最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします拍手拍手拍手拍手拍手

「デビューからずっとトントン拍子で『能登の海鳴り』『佐渡のわかれ唄』『越前恋おんな』そして第4弾シングルで初めてのブルース調の曲をいただきました。皮ジャン姿でございましたが前作はヤンチャなお姉さんというイメージですね、それではそんなだ4弾シングル『あかね雲』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「和服姿で『あかね雲』またちょっと新鮮味があっていいのではないでしょうか。今デビューして丸3年が経って歌手生活では4年目となりますが、今シングルが今作で第5弾になります。その他にもカバーアルバム「こずえ節・其の二」という大先輩のヒット曲ばかりのを一昨年に第1弾を発売させていただいて、大好評でございました。同じくこの第5弾シングルの時に同じ日に「こずえ節・其の二」を発売させていただきました。たとえばどんな曲があるか『舟唄』とか『天城越え』とか色んな曲に挑戦させていただきました。今日は私の中で思い出深い曲がこのカバーアルバムの中に収録させていただきました、それは今から4年前です、私がデビューする前クラウンの制作オーディションがありましたその時に何曲か歌わせていただいてその中の1曲が偶然にもこのカバーアルバムに入れていただいたという非常に思い出深い1曲でございます。この曲でデビューが決まったと言ってもおかしくない1曲です『愛燦々』です」とお話をして歌っていただきました

 

 

「さて、この第5弾シングルこれは非常に私の中でも夢の曲でした。実はデビュー前からずっと本当は衣装として着物を着たかったんですね、でも移動とかでものすごく大変だよって事で、当時はまぁ自分一人で荷物持って移動してた事が多かったのでまぁ今思えばドレスで良かったんだなぁって、念願の着物でございましてそしてデビュー前から趣味で三味線をやり始めまして、それからというものはカバーで三味線を弾いたりしてたんですが、自分の曲で三味線を弾きながら歌いたいんだとそれをずっとディレクターに言い続けたんですね、そしたら夢が叶いまして今作は念願の着物と三味線を弾きながら歌うというそんな曲をいただきましたがもう一つ、先ほども歌いましたが第4弾シングル『あかね雲』で初めてブルース調の曲をいただきました。それも竹村はブルース調の方もいいんだよ!という事で今作はどっちもA面というのを選べないという意見が出まして、両A面という形で出させていただきましたけれどもこの『あんたが命やった』これは初めて詩をいただいた時にうわぁ〜って涙が止まらないくらいに泣いたそんな作品でございました、レコーディング中も大変迷惑をかけてしまった、そんな思い出の1曲なんですけど詩を見た時に自分と重なるようなそんな想いで詩を見てたんですね、そしてまたメロディーを合わせて聴くと初めて子供の前で泣いてしまったというそんな1作でございました。もしかしたら大切な奥様や大切な旦那さま、亡くされたりしてすごく寂しいツラい想いされた方いらっしゃるかもしれません、私も実は夫が若い頃に亡くなっておりまして、それから頑張って子育てしてまいりましたけれども、子供と過ごした年月が一瞬にして映像のように頭の中に流れてきまして、こんなことして遊んだなぁあんなことして遊んだなぁ、一番下の子が男の子だから男の子の遊びがどうも何してあげたら喜ぶのかなぁと色々考えて船舶免許とったり、男っぽいことにチャレンジするようになったりですね、電ノコとかも使うようになったりとそんな子供たちと過ごした月日が、普段ニコニコ笑ってる母であったわけですが、その時だけは涙がこらえ切れずに泣いてしまって、発売日まで一生懸命練習するんですけど泣いて歌えなかったんですね。まぁそんな1曲でございますが今回フルコーラスで聴いていただきたいと思います『あんたが命やった』聴いてください」とお話をして披露していただきました

 

 

「関西弁ではございますがジーンとくるバラードの歌でございます。是非こちらの曲の方もよろしくお願いいたします。そして念願だった三味線でございますけれども、私は滋賀県出身でございます、関西のあちこちにカラオケ大会で出る度にこの三味線を持って歌唱していたそんな思い出のある三味線と共にこんなに良い作品をまたいただきましてもう三味線で第5弾シングルそしてまた出だしから皆さまに大好評でございまして、カラオケでも続々と歌っていただいているというそんな作品になりました。是非今度はフルコーラスで聴いていただきたいと思うんですが、竹村こずえファンクラブの方も募集しておりますのでそちらの方もよろしくお願いいたします。今日は本当に皆さまお忙しい中、ありがとうございました、今後とも竹村こずえどうぞよろしくお願いいたします『おんな三味線ながれ節』とお話をしてフルコーラス熱唱していただきました

 

(演担K)

 

 

楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★ 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

あさみちゆきさん「出さない手紙を書いてます」キャンペーン

7月18日(火)

 

6月14日あさみちゆきさんの新曲

「出さない手紙を書いてます」キャンペーンが行われました

前回イベントをさせていただいたのが「お月さんこんばんは」だったのでちょうど3年ぶりのキャンペーンとなりました

 

 

開店と同時にたくさんのお客様がかけつけてくださいました。

ちゆきさん御一行は到着後すぐギターのチェックと声だしをしていただいてからお支度へ

続々とお客さまも増えた所でスタンバイ

進行はテイチクのSさんです

「ではさっそくご本人に登場していただきましょう、最初の曲です『黄昏シネマ』です」拍手拍手拍手拍手拍手

 

ちゆきさん登場

まずは1曲披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「改めまして皆さまこんにちは!あさみちゆきです。私もっと来てると思ったんですけど3年ぶり?「お月さん・・・」の時にお邪魔した以来という事で、本当に今日は楽しみにしてまいりました。がんばって今日も心を込めて1曲1曲歌わせていただきたいと思います。最後までお付き合いください、よろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手

「私は昔、小田急線の生田という所に住んでいたので町田もよく来てたんですよ、デビューする全然前に、鈴木楽器さんにも来てましたしいっぱい演歌とか置いてあってあぁいつか私もここに名前が載るといいなぁって夢を追っかけてた頃もありましたね。では続いてはこの曲をお届けしたいと思います、弾き語りで『青春のたまり場』とお話をして歌っていただきました。

 

 

「井の頭公園のストリートライブなんですけれどもまた行いますのでそちらの方にも遊びに来ていただきたいと思います。それでは新曲のカップリングの曲をお届けしたいと思います『いとし子よ』という曲をお届けします、この曲の作詩は私の義理の母に作ってもらいました。義母は2年前に私のお腹の中に赤ちゃんがいる時にガンの先刻をされました。余命3ヶ月ですと言われて、孫が生まれるのが本当に楽しみにしていました。でも自分の命が産まれてくるまでもつかわからないからと言って詩を残してくれました。でも一生懸命がんばってくれて、子供が産まれてまもなくに亡くなってしまったんですけども、義母には泣き声とか写真と無事に産まれたよという事は報告はできました。義母からもらったたくさんの愛をまた子供につなげてそしてまた子供が愛する人たちにつなげていってほしいなと思っています。それでは皆さまも愛する人の事を思いながらお聴きいただけると嬉しいです『いとし子よ』とお話をして歌っていただきました

 

 

「ウチのいとし子ももうすぐ2歳になりますけれども、早いですね〜(笑)今はいたずらばっかりしてますけども(笑)本当に大事に大事に育てていきたいと思っております。それでは続いては『新橋二丁目七番地』という曲をお届けしたいと思いますが、掛け声がございますので皆さまよろしくお願いいたします。新橋で靴磨きをしていらっしゃいます、おばあちゃんの人生を歌った曲です、この曲で皆さまに元気とパワーをお届けしていきます、聴いてください『新橋二丁目七番地』とお話をしてお手拍子をもらいながらちゆきコールも大合唱で歌っていただきました

 

 

「今でもおばあちゃん靴磨きやっておりますのでSL広場の所でやってます。さぁそれでは新曲の方をお届けしようと思いますけれども『出さない手紙を書いています』というタイトルです。ちょっと悲しい曲なんですけれども幸せになれない女シリーズをまた作っていただきました私が一番得意とする曲調ですけれども(笑)是非またカラオケのレパートリーにも入れて歌っていただければなぁと思います。それでは聴いてください『出さない手紙を書いてます』とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます

★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★
 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

こおり健太「風花」キャンペーン

7月16日(日)

 

 

6月7日に行われました

こおり健太さんの新曲「風花」キャンペーンです

前作ではオリコン演歌歌謡曲チャート初登場1位を記録するなど最近、絶好調のこおりさんですがそんなこおりさん発売日にお越しいただきました

 

この日も朝からお客さまがお並びいただいておりました。

こおりさん御一行が着いた頃からお客さまも増え始めそんなこんなでスタンバイ

進行はCTMDのHさん

「それでは大変お待たせいたしました。こおり健太さんの登場です。1曲目、最新曲、本日発売「風花」どうぞ大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

こおりさん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

 

「改めて皆さまこんにちは〜こおり健太です。本日発売になりました、こおり健太9枚目のシングル風の花と書いて『風花』から聴いていただきました。本当にここまで皆さま方に応援していただいてそしてまた新曲との出会いをいただいての更なる出発という事ですね。ここ町田の鈴木楽器店さんではこおり健太の歌を1枚でも少しでも届くようにとお力をいただいて9年目でございます。限られた時間ではありますけれどもまた新たに頑張って歌わせていただきますので、最後までよろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手

 

「今日こおり健太初めてという方いらっしゃいますか?ありがとうございます。よくご存知の方もいらっしゃると思いますけど僕は東北出身です。宮城県亘理郡山元町というと所でございます。歌手になる前は保育士として約4年ほど働いてどうしても歌手になりたい夢が諦めきれず東京に出ての2008年の11月にデビューして今度の11月が来ますと丸9年、10年目に入っていくんですね。という事はこの本日発売の『風花』はこおり健太にとっては10周年につなぐ1曲になります。また、今日初めての方もいらっしゃると思いますし、今まで一生懸命応援してくださってる皆さま、今日をまたスタートと思ってかわいがっていただけたらと思います、どうぞよろしくお願いします」拍手拍手拍手拍手拍手

「歌声をデビュー当時からCDを聴いていきますと自分でも声があぁ少しづつ変わってきたなぁと思うんです。最近ではよく言われるんです、顔も変わったねと。今日はポスターと同じジャケットで参りましたけどこの写真見てお客さまなんて言ったと思います?まぁ健太くん○ャニーズみたい!(笑)今日はよりポスターに近くしなくちゃいけないと髪もしっかり作ってきました。では皆さん次はメドレーでお聴きいただきたいと思います、まずはこの歌です!この歌は故郷が東日本大震災で大変な被害に遭った年2011年に発売しました『泣いてください』から聴いてください」とお話をして『泣いてください』『山吹の花』『雨の舟宿』と続けて歌っていただきました

 

 

「どの歌を聴いても良い歌ばかりですね、でもこれはやっぱり先生方がレコード会社のスタッフがこおり健太に是非ヒット曲、出世作になるようにと1曲1曲をちゃんと作ってくださっているからこそ、こうして並べて聴くとどれもちゃんとした表情を持ってるんだと、僕も本当にありがたいですし、それをまた皆さんに応援していただいて、もう発売するのは自動的に発売になりますけど、これからです。これからが大事なので続いての『風花』も皆さまに育てていただけたらなという想いで今日は歌わせていただきました。僕も先ほど言ったように東北が故郷でございます。デビューして9年ですけれども、その前は本当に歌手になれるかどうか、夢は大きかったですね。その中でもやっぱり故郷を離れて東京に出てきた時の自分の決心ていうかよし!これで帰れないんだと、ちゃんと結果を出して歌手にならなかったら帰らない、という想いで保育士を辞めて東京へ出てまいりましたから、今思うととっても自分で決めてこうして出てきて皆さまにかわいがっていただいてるという事は本当にあぁ良かったなと何か少しづつキレイな思い出になってきてます、でもその頃を忘れずに1曲1曲と向き合って歌っていかなくちゃいけないなという自分も今います。僕は宮城県の白石蔵王駅という所が最寄りの新幹線の駅で両親がいつの間にか休みをとっていて二人で新幹線の駅まで送ってくれてでもその時の様子というのがあぁそれがあるから今があると思うとあの時頑張ってくるよと言った言葉がさらに今頑張るよの言葉に今変わってきたなと思っております。その降り立った駅が上野駅でした。皆さまも昭和30年代、集団就職、色々と賑わった時代だと思います、もしご存知でしたらご一緒に歌ってみてください。『ああ上野駅』とお話をして歌っていただきました

 

 

「さぁ新曲の『風花』風花ってどういう花か知ってます?じつは雪の花の事なんです。この風花とついたお店があると聞いたので南青山にそういう名前のレストランがあるそうです。そんな『風花』のカップリング曲に『線香花火』という歌を書いていただきました。最近、線香花火をしてますか?皆さん是非、今年線香花火をしてみてください、僕もやりたいと思ってます。甘酸っぱい思い出を思い出させてくれるようなそんな曲を作っていただきました。カップリング曲です『線香花火』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「ありがとうございました。メインの『風花』は王道の演歌、おんな唄。カップリングはちょっと懐かしい皆さんの甘酸っぱい香りをもう一回思い出させてくれるような曲になってますけれども両方ともまた聴いていただいて、そして歌ってまた盛り上げていただきたいという事で男女問わず歌えるようにキーを合わせたカラオケも入っておりますので試してみていただきたいなと思います。そして今回のシングルはリバーシブルジャケットというものになっておりますご自身のお好きな方を表にして飾っていただければと思います。本当に皆さま今日はお忙しい時間頂戴しましてありがとうございました。また発売と同時に雑誌、TV、ラジオの出演の予定があります。チェックしてみてください。今日は自分で原点に返ったなと電車に乗りながら色々考えながら来たんですけど、あぁまたスタートだなと思った時にやっぱりふと上京した頃の事とかふと頭に甦り、ここに来てから皆さんに聴いていただく歌も決めたんですけど、そしてまたもう一つ原点に返ったそういう気持ちにさせてくれたのが実は僕レコード会社、徳間ジャパンにお世話になっております。たくさんの先輩方がいらっしゃるレコード会社なんですけど、そこの新入社員が今日手伝いに来てくれてるんですよ、本当にフレッシュなそういう空気も入れていただきながらまたこおり健太自身もフレッシュに、またこおり健太原点に戻ってこの歌頑張って歌ってまいります、引き続きのご声援よろしくお願いいたします。それでは聴いてください本日発売です『風花』とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます

★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★
 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

岡ゆう子「しあわせのサンバ」キャンペーン

7月9日(日)

 

 

6月2日岡ゆう子さんの

新曲「しあわせのサンバ」のキャンペーンが行われました

毎度なイメージのある岡さんですが、2年ちょっと空いておりました。今回は初めての明るいリズム歌謡、岡さんらしい明るさが前面に出た誰でも思わず踊りだしたくなる楽しい楽曲です

 

岡さん御一行は10時半頃に到着、準備も終わってスタンバイ

進行はキングのTさんです

「今回特別にノリのいい新曲が完成しました、さっそくスタートです「しあわせのサンバ」で登場です」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

岡さん登場

まずは新曲をサンバホイッスルの音と共に登場して披露していただきました

 

そしてご挨拶

「皆さんこんにちは〜岡ゆう子でございます。なんと!今お届けした『しあわせのサンバ』5月24日に発売になったばっかりでございます。今までの歌とはガラッと違いまして、もうクヨクヨめそめそしないで笑顔で楽しく暮らしましょう!人生一回しかないわけでございます、そういう楽しい元気の出る、がんばる力をもらえる新曲『しあわせのサンバ』発売になりました。今日は久しぶりにお邪魔しました、ノリのいい歌でしょ?今までですとスローテンポの歌が多かったんですが、いやぁ〜今回の歌は元気が出てきます!私も朝から聴いてきました!元気が出るの体が眠っていてもこの曲を聴くと一日笑顔で頑張ろう!って元気になる歌でございます。是非歌ったりタレントのアマンダさんにつけていただいた簡単なフリもございますので皆さんもリンパの流れもよくなりますので後ほどフリの方も多少覚えていただきたいと思います。『しあわせのサンバ』からお贈りしました。それでは私の今までデビューさせていただきました最近の曲を3曲続けてワンコーラスずるお届けしたいと思います。『ひえつき望郷歌』『湯島天神おんな坂』『くれない紅葉』と続けてお贈りします」とお話をして歌っていただきました

 

 

「3曲一緒に口ずさんでいただいてありがとうございます。湯島天神さんに行きますと植樹をさせていただきました梅の木が大きく育っております。アルバムの中にも入っておりますのでそちらも聴いていただければと思います。『しあわせのサンバ』のカップリング曲これもまたですね、こちらの方は今までの演歌でございますがこちらも人生の応援歌でございます。人生はまわ」り舞台みたいなものですけど、明日に向かってがんばろうという人生の応援歌。とっても歌いやすい歌なんです。それでは皆さんカップリング曲、一緒に歌ってください『人生まわり舞台』とお話をして歌っていただきました

 

 

「それでは『しあわせのサンバ』いきたいと思います。岡千秋先生の懐かしい昭和の歌謡みたいなメロディーがとっても歌いやすくて私もこの歌が頭から離れないの大好きなメロディーでございます。皆さんもたまにはこういう歌でかぁ〜っと元気を一層、力をつけていただきたい歌でございます。さぁ皆さんカラオケなしでいきますよ・・・・・ワンポイントレッスンコーナー・・・・・皆さん完璧でございます。レパートリーに入れて歌っていただきたいと思います。カラオケ大会もございましてそちらはCDの中の歌詞カードに詳しい事が書いてありますのでダンス大会もございます、カラオケかダンスかよかったらどちらかをキングレコードさんに録音、録画したものを送っていただいて審査によって決まります。それでは歌の最所にまずサンバホイッスルでいきます、それでは『しあわせのサンバ』お贈りします」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます
         
★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★


  

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -