スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< かながわ歌謡祭チケット発売中!! | main | 8月度新譜試聴アクセス最新週間BEST10(3週目) >>

山口瑠美さん『名残り月』キャンペーン

7月22日(日)

7月18日山口瑠美さんのキャンペーンが行われました。

実に4年ぶりの新曲キャンペーンという事で本当にお久しぶりでした。

連日の猛暑日で朝から暑い中、お待ちのお客様もいらっしゃって皆さん久々のキャンペーンを心待ちにしていたと伺える雰囲気が出てました。
10時半前には瑠美さん御一行も到着、準備を進めてあとはスタートの時間を待つばかり、
進行はテイチクのSさん
「皆さま大変お待たせいたしました。山口瑠美さんに登場していただきます。大きな拍手でお迎えください」

瑠美さん登場

まずは新曲名残り月を歌っていただきました。


「皆さん改めましてこんにちは!とっても暑い日に、昨日梅雨明けしたそうでございますが、こうして山口瑠美キャンペーンにお運びをいただきまして、本当にありがとうございます。先ほど飾ってある色紙を見ましたら2008年でございました、4年ぶり!オリンピック?(笑)ちなみに前回も見たよ!という方いらしゃいます?いらっしゃいます?少しだけですね(笑)前回は前作『さくら草』という曲を発売させていただいてその前の『晩春歌』という曲でお邪魔をさせていただきました。前作までは髪を長くしていたんですけれども、前作の『さくら草』という曲から2年8ヶ月経ちました。ようやく届いた私の大事な新曲という事になりまして、この曲『名残り月』という曲で一生懸命、これで皆さまに聴いていただける歌い手にという事でですね、2年8ヶ月経ったんですからテイチクレコードのディレクターさんが“瑠美ちゃん”今度こそは大人の女に変身して、一歩大人の歌を歌えるようにという事で髪をアップにしてきたんですけどいかがですか?色っぽい?色っぽくなってきました?嬉しいです今日は皆さんに『名残り月』を聴いていただきたくてやってまいったわけですが、たくさんお集まりいただいて、ちなみに今日初めて山口瑠美を知ったよ!という方いらっしゃいますか?後ろのほうの方は少し遠慮気味に挙げていただけますと・・・(笑)ではちょっと自己紹介をさせてくださいませ、わたくしは1999年、TBSの水戸黄門のテーマ曲でデビューをいたしました。“人生楽ありゃ苦もあるさ”というあの曲で99年の7月23日がデビューでございましたので今日が18日ですからあと5日で丸13年を迎える事になります時間だけ過ぎていったような所がありますけれども、13年という間の時間を皆さんにこの曲でしっかりと覚えていただけるように頑張っていきたいと思います。それでは2曲目皆さんにお届けいたしましょう、前作『さくら草」という曲をたくさんの方にご声援をいただいて今作に繋がったわけでございます、前作は“しあわせ演歌”土の下に根を張って花をパッと咲かすあの“さくら草”皆さんに暑いですけれども笑顔と元気をここでお届けいたしましょう!お付き合いください」とお話をしてさくら草を歌っていただきました。


「声援が何よりの気持ちよく、楽しく歌わせていただけるという事でございます。今日、こちらには車でやってまいりましたけれども、新百合ヶ丘をちょっとかすめてやってまいりました。私の師匠がですね、15歳の時に作曲家の市川昭介先生の門下に弟子入りをいたしました事がきっかけで今こうして歌わせていただいてるわけでございます。13歳で“全国美空ひばりコンクール”でグランプリをいただいてそれがきっかけでして、15歳から先生のご自宅の新百合ヶ丘に通っておりまして何だかこの小田急線沿線というのは懐かしくてちょっと緊張してしまうような気がしております。先生もきっと太陽の向こうの方から頑張るんだよ!って言ってくださってると思うんですよね〜そんなわけで今日は初めての方がやはり多そうなので、次の曲、本来は『海蛍』を歌おうと思っていたんですが、何かと言いますと水戸黄門でデビューをさせていただきましてから13年、一番長く歌ってきたのが長編歌謡物語でございます。長編歌謡物語というのは1曲15分くらいある歌と浪曲とセリフで綴るドラマ仕立ての作品となっております。それでは今日は歌謡物語をフルコーラスでは中々お客様のお時間もございますから約5分くらいに凝縮して歌謡物語の一端をお届けしてまいります。私が歌ってきた歌謡物語は『白虎隊』『沓掛時次郎』四十七士から『赤垣源蔵』戦国武将は『山内一豊の妻千代』花魁を歌った『紺屋高尾』に浪花は通天閣の近くで起こった出来事坂田三吉を歌った『至高の王将』と色んな物語を歌ってまいりましたが、つい先日大阪に行ってまいりましたから坂田三吉を皆さんにお付き合いいただきましょう。」という事で至高の王将〜三吉小春の物語を熱演していただきました。


「これは5分バージョンという事でまたお時間がありましたら皆さまお付き合いくださいませそれでは皆さまここからは新曲にお付き合いいただきたいと存じます。まずはカップリング曲の『母便り』という歌にお付き合いいただきますが、先ほどお話いたしましたが、私が15歳の時山口県岩国市からカバン一つを持って東京に一人でやってきました。市川昭介先生の門下に弟子入りしまして、その時に東京は怖くて、人は多いし空は狭いし、空気は悪いし、私はこの町が大きらいでした。帰りたい帰りたいって毎日泣いておりましたら実家から荷物が届いたんです。その包みを開けると衣類とか野菜とかが入っていて実家の香りがして益々帰りたくなりました。そうこうしておりますと、私が一人っ子の女の子なものですから田舎の父が心配して、一人じゃ危ないからと母を連れて行けとですから私と母が二人で東京で生活をして、父が山口県で一人で生活をして、そういう生活がもう15年過ぎてます。田舎を出る時父と約束をしたんです。一つは売れるまで帰ってくるなって、それからもう一つは新曲が出るまでこっちに戻ってくるなってだから前作の『さくら草』が出てここに至るまで2年8ヶ月もう3年近く田舎に帰っておりませんで、それでもやっぱり親子ですから電話で話すといつ帰ってくるんだ?って言うんですよそのうち、もうすぐ今年は帰るよなんて言いながらもう3年、そんなセリフが『母便り』には“そのうち一度帰ります”という言葉で書かれています。私にとってはこの歌は母への歌でもあり、父への歌でもあります。皆さまにとりましても温かい故郷やご両親を思い出す曲になりますように、どうかどうかお付き合いください母便りとお話をして歌っていただきました。


「この曲をいただいた時に涙が止まらなかったんです。そしたらディレクターさんにも泣くなよって言われたんです(笑)でもこの曲はきっと全ての方の心に何かを届けられる1曲になるかなと思ってますからどうか皆さんの愛唱歌に加えていただけたら嬉しいなと思っております。実は8月21日くらいに山口県のある放送局のTVに出れることが決まりまして、夕方の情報番組なんですけれども、『名残月』歌える事になりましたがんばってきます!そしてあれだけキライだった東京が私は今はもう故郷(笑)ここでもう15年以上正しく言うと17年くらいになりますかね?ようやくこうして重ねてきた中で演歌を歌っていける年に差しかかったかなと今はこの自分が嬉しくて、そしてたくさんのお客さんに聴いていただけて幸せだなって思っております。その2年8ヶ月ぶりにいただいた『名残月』という歌は作曲は四方章人先生です。作詞は麻こよみ先生が書いてくださいました。女性の色んな深い悲しみを空に名残っている沈んでいくギリギリの月にこう投げかけて切なさを歌っているんですが、この曲も実は恋心だけを歌った曲ではないんですね、皆さんの中にある人生とどこか重なる所があったら嬉しいななんて思いながら今日の最後にこの歌を歌わせていただきます。皆さんどうかこの曲を一生懸命がんばって歌ってまいりますのでこれから初めて会われた方は今日から親戚、2回目に会った方は今日から娘、そんな気持ちでどうか応援してください、よろしくお願い致します。それでは最後に名残り月よかったら一緒に口ずさんでお付き合いをくださいませ」とお話をしてフルコーラス熱唱していただきました。



山口瑠美さん、4年前が初めてだったんですが、それ以前の歌謡物語で注目していた歌い手さんで何年前だったか、武蔵野公会堂だったかなで行われたコンサートでこの日披露した『至高の王将』のフルバージョンに全身が震えた事を今でもはっきりと覚えています。そんな素敵な表現者としての魅力一杯の山口瑠美さんの新曲は今までの楽曲よりも反応がよく、試聴して後購入に結びつくお客様が多いのでカラオケでも挑戦できる1曲になっておりますのでぜひオススメしますよ
(演担K)




 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴






店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(3) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

山口瑠美さんへ!これからもお元気で頑張ってください〜
冬月みのり | 2013/02/15 11:19 PM
満月さん毎度のコメントありがとうございます
町田で演歌三昧って何だかいい響きですね、嬉しいです。歌謡物語は本当に素晴らしいですね、新曲の「名残り月」と共に応援してあげてくださいね
これから暑さ本番ですので満月さんも熱中症などにお気をつけくださいね
演担K | 2012/07/23 9:03 AM
先達ては山口瑠美さんのキャンペーンで楽しく生歌を聞かせて頂きました。新曲が名残月とそしてホームページを見ましたら満月がくつきりそして女の潮路の作詞の麻こよみ先生と一度生歌で聴いて見たいと以前から思っていました。そうしたら由紀乃ちゃんが会わしてくれたようにいざ町田と動画の時書きましたが町田で演歌三昧の一日になり名残り月も女性のせつなさを歌つた歌で良いですね。そして歌謡ドラマの歌とっても上手く歳を重ねるともつと味がでてきますね。これから演歌は歳を重ねて色艶も歌い手さんに出てきますから頑張ってほしいですね。二年半ぶりの新曲でしたが楽しい時間有難うございます。鈴木楽器の皆さん今日は涼しい日ですが暑くなりますので身体に気を付けてお仕事がんばつてくださいませ。また寄らせてもらいますね。
満月照雄 | 2012/07/22 8:54 PM
コメントする