スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 工藤あやのさん「恋ごよみ」予約キャンペーン | main | 丘みどりさん「佐渡の夕笛」キャンペーン >>

大石まどかさん「女の錦秋」キャンペーン

4月4日(火)

 

 

3月15日大石まどかさんの新曲

「女の錦秋」キャンペーンが行われました

大石まどかさん約1年ぶりの登場です。しかも発売日!今回も素敵な1曲ですね、特にアレンジ最高にかっこいいです

 

10時半頃にまどかさん御一行は到着。

準備も終わって時間になりスタンバイ

進行はコロムビアのYさんです

「皆さまお待たせいたしました!大石まどかさんの登場です拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

まどかさん登場

まずは最新曲『女の錦秋』から披露していただきました

 

 

そしてごご挨拶

「ありがとうございました、本日3月15日に発売になりました新曲『女の錦秋』聴いていただきました。改めまして皆さまこんにちは〜今日は寒いですね〜昨日からみぞれが降ったり所によっては雪が降ったりして、3月に、桜がそろそろ咲くかなと思ったらこんなに寒くなっちゃいまして、まぁでも東京は2月3月にあったかくなるなと思った所にドカンと寒さが来る気がしますけれども、もうあと何日かしたら春が近づいてきて桜が一気に咲くかなぁという気がしますけれども、今日はこの『女の錦秋』という歌を持ってキャンペーンにお邪魔させていただきました。改めましてコロムビアレコードの大石まどかでございます、短い時間ですけれどもどうぞ最後までよろしくお願いします」拍手拍手拍手拍手拍手

「『女の錦秋』生の歌声はもちろん初めてですよね、今回はとってもドラマチックにで、今回は9行詩でちょっと歌詞を覚えるのに大変な行数でございまして、最近は5行6行というのが当たり前ですけれどもドラマチックな歌を作ろうとするとどうしても歌詞が長くなってしまうというのがあるんですけれども今回は京都を舞台に叶わぬ恋でございます。これは偲ぶ歌ではないんですよ、お互い目標、目的があって進みたい道があってその道を突き進んで行くためには一緒になることができない、好きなんだけれども別れてしまうという大人の純愛歌でございます。是非、今日を機会に覚えて歌っていただきたいと思います。昨日からキャンペーンが始まりまして、怒涛のキャンペーンでございまして自分がどこにいるかわからないくらいの忙しさになってきてるんですけれども(笑)続いては前作、伊豆を舞台に歌ったとてもしっとりとした25周年記念曲として弦哲也先生に書いていただきました。『命燃えて』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「『命燃えて』お聴きいただきました、この曲の時もお邪魔させていただきましたよね。私、今はTVの方もやらせていただいてるんですけど、月曜日の朝、BS12で朝、【みんなの笑待夢(ショータイム)】という番組なんですけど月曜日の朝5時半なんですよ、私は録画して見ているんですけど(笑)この番組は今までの番組と違って、まぁ普通はゲストをお迎えして新曲を聴いていただいてとかプロモーションビデオを見ていただくという番組ですけれども、【みんなの笑待夢】はラーメン屋の屋台の女将と店主、女将は私で割烹着に白い長靴履いてるんですけど、店主が和田青児さんなんですけど、この人がグータラ亭主でラーメン屋なのにラーメンを作ってくれないんですけど(笑)そのコントがスゴく面白いというので朝起きて見てくださってり録画して見てくださったりしてます。とても面白いので月曜日の朝から見るととっても元気になって1週間元気に過ごせる番組ですから是非ご覧いただきたいと思います。先ほどチラッとお話をしましたけど私は北海道の出身なんですよ、わたしの父は民謡の師範をしておりまして小さい頃から民謡を歌っていたんですけれども、まぁ何故か私はデビューしてから26年目、シングルだと40作くらいあるんですけれども、大体艶歌ばかりでまず耐え忍ぶ、泣く!そんな寂しい女性ばっかり歌ってきましたけれども、いつになったら民謡の鍛えた喉と声とこぶしが使える歌が来るのかなぁと思いましたところ、やっと前々作ですねいただくことができあました、カラオケでも応援していただいて今でも歌ってくださってる方がたくさんいます『居酒屋 津軽』聴いていただきたいと思います」とお話をして歌っていただきました

 

 

「続いての歌は『女の錦秋』のカップリング曲『恋路が浜暮色』といいまして、歌詞の中に伊良湖岬って書いてますけど愛知県にあります伊良湖岬なんですけれども、この歌は元々『うちの人』という曲のカップリング曲で弦先生に作っていただいた曲なんですね、まぁファンの方から古い曲だけどとっても良い歌だからまた入れてほしいというお声をいただきまして、また今回カップリングとして入れさせていただいたんですけれども、『女の錦秋』とはまた違った感じのドラマ性のある歌でございます。私はどちらも好きなんですけれども、それでは『恋路が浜暮色』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「この歌もいい歌でしょ胸がきゅんきゅんと切なくなってくるそんな歌でございます。それでは最後の曲になりますが、もう一度『女の錦秋』をフルコーラスで聴いていただきたいと思いますけれども、告知でございますが、4月5日にBS朝日で五木ひろしさんが司会の番組【人生、歌がある】こちらの方は3時間スペシャルで私も出演させていただきます、大変豪華なメンバーが出演しておりますので見ていただきたいと思います。最近はBSの方で歌番組が増えてきたので是非、BSで演歌の番組を見ていただきたいと思います。そして私スマートフォンを使ったアプリでテイクアウトライブというのがありまして無料アプリなんですけどそれを入れてカード(有料)にあるバーコードを読み取りますと25周年コンサートの模様が4曲見れたりプロモーションビデオが見れたりするというアプリなのでテイクアウトライブカード¥2000なので是非お求めいただいてご覧いただきたいと思います。それでは最後に『女の錦秋』聴いてください」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする