スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 浜 博也さんキャンペーン動画ご覧になれます | main | 【9月度】新譜試聴アクセス週間BEST10(3週目) >>

真田ナオキさん「別れの夜明け」キャンペーン

8月20日(日)

 

6月30日真田ナオキさんの

新曲「別れの夜明け」キャンペーンが行われました

早デビューから2曲目となります新曲「別れの夜明け」は特徴的なしゃがれ声を前面に出したかっこいいロッカバラードです

 

朝から雨の中、たくさんの女性のお客様がお並びいただきまして、朝から大盛況でした。

ナオキさん御一行は11時頃に到着。準備も終わってスタンバイ

進行はCTMDのWさん

「真田ナオキさん『別れの夜明け』キャンペーンスタートしたいと思います。まずは今頑張ってます最新曲です『別れの夜明け』でスタートいたします、大きな拍手でお迎えください」拍手拍手拍手拍手拍手

 

ナオキさん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「どうもありがとうございます。改めまして真田ナオキと申します!よろしくお願いいたします。拍手拍手拍手拍手拍手本日はお足元の悪い中、お時間の方をいただきましてありがとうございます。真田ナオキ時間の許す限り最後まで一生懸命歌わさせていただきます。今さっそく歌わさせていただきました歌はセカンドシングルの『別れの夜明け』という曲でございまして、この曲は僕が元々デビュー真に好きで歌っていた女性唄、初めて自分の歌でいただきまして、早く歌えるのを待ち遠しく楽しみにしておりましてやっと先日から発売日という事で歌わせていただいております。是非みなさんに歌っていただければ幸せでございます。この歌はどこか懐かしいロッカバラード調、ユアマイディスティニーとかあんな感じのイメージの曲なんですけれども、このカップリングの『僕の中には君がいる』というこの曲はまったくガラッと変わったフォークソング調の青春歌謡のような歌なんですけれども、はじめいただいた時にこの『別れの夜明け』に関しては元々好きなメロディーですし好きな詩、女性唄なのですんなり入れたというか早く歌いたいなとそんな気持ちだったんですけれどもこのカップリング曲をいただいた時は僕の声で歌えるのかなと青春歌謡をと、最近よく言われるんです、ラジオで聴くと50代だよねと(笑)師匠の吉幾三先生にお伝えしましたら、言いました、だからおもしろいんだと、似合わないお前が年相応の曲を歌うから面白いんだと、声だけ聴いたら50代かもしれないけど心はまだ20代なんだから歌いなさいという事で歌わさせていただく事になりました。それでは聴いてくださいカップリング曲で『僕の中には君がいる』とお話をして歌っていただきました

 

 

「このセリフを言うと僕は冷や汗が止まらないんです、ちょっとしゃれた言葉を言うと言い慣れてないもんですから、中身はちょっと古臭い、平成生まれですが昭和の男みたいな所もたくさんありまして、三歩下がって歩いてくる女性がタイプでございます。中々最近そういう女性がいらっしゃいません(笑)女性が私の後ろについて来なさいよそんな方が多いような気もします(笑)そんな僕が『僕の中には君がいる』という歌を歌ってて苦笑いの曲だなと思いますが一生懸命また時間をかけて様々な曲たちと頑張ってまいりたいと思います。皆さまもカラオケ覚えていただいて歌っていただければと思います。気づいてる方がいらっしゃるかもしれません気づいてない方もいるかもしれません。先日、発売日の前々日、マスコミの関係の方に発表会をさせていただきまして、その時にスイーツを作るという事で瓦割りとスイーツを作って用意して、瓦割りをやって自分の手が折れるんじゃないかと思いましたが、何とか瓦の方が割れてくれまして、そして特技がもう一つという事でスイーツを作らさせていただいて、夏なのでイチゴのムースの上にクラッシュゼリーを乗せてラズベリーとブルーベリーをトッピングしたものなんですけど、簡単なものなんですけど70人分作らさせていただきまして、夜の9時から作らせていただいて作り終わったのが翌朝の8時20分くらいで、8時には家を出ようと思ってたんですが20分も過ぎてしまって9時に入ってくれと言われたんですけどちょっと間に合わなくて本番には大丈夫でしたけど、その日30何時間くらい寝てなくて翌朝起きましたら鼻はズルズル声はガラガラでございまして、幸いな事に声は元々よくわからないしゃがれ声なので風邪をひいてもわからない(笑)というこんな声感じですが一生懸命やらせていただきます、よろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手

「続きまして、僕は先日ですね、見ていただいた方もいらっしゃると思いますが、【新BS日本のうた】こちらの方に出演させていただきまして、その時に五木ひろしさんとか色んな先輩方と一緒に歌わさせていただいて、また大先輩のヒット曲を僕は一人で歌わせていただいたんですけれどもその曲を歌わせていただきたいと思います。矢吹健さんの『あなたのブルース』聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「僕は矢吹健さんとか森進一さんが大好きで、元々デビューする前はこんな声じゃなかったんです。自分で言うのもなんですが、爽やかな声だったんです(笑)いつのまにかこんな声になってしまって、前の『れいこ』というデビュー曲のポスターが黒いバックに僕が睨みつけるようにしてる暗いイメージのポスターだったんです。そしたら皆さんに言われるようになってですね、ナオキくんてなんか夜っぽいよねって言われるようになって、これはイカンという事で今回は明るいジャケットにしようと白バックに笑顔で撮らせていただきました、そうした所この間マスコミの方にやっぱりナオキくんて夜っぽいよねと言われました。ポスターのせいじゃないんだなって(笑)それなら極めようと思いまして、幸い演歌歌謡曲はお酒だったり夜を歌う歌が多いので、そういう歌は真田ナオキだと言われるようになるようにと思いまして、いつもだったら明るい曲を歌ったりだったとか色々するんですが今日は暗い曲ばっかり歌ってみようと思いまして、続きましてこれもカバー曲で僕が大好きな曲でございます。佳山明生さんの曲で『氷雨』を聴いてください」とお話をして歌っていただきました

 

 

「カバー曲を2曲歌わせていただきまして、僕のデビュー曲、もちろん本当に大好きな曲なんですけれども、まさか自分自身がデビューできるとは当時思ってませんで、吉幾三先生とたまたまお食事をさせていただいて、声を気に入っていただいて『れいこ』という曲をいただいてデビューさせていただいたんですけれども、それまでやっていた仕事の事で今でもたまに友達から電話がかかってきたりします。本当にそういう仕事をしている時期が長くて、最近握手をさせていただいても手がゴツゴツしてるねとか荒れてるねとか言われるんですけど、苦労してるねとか言われるんですけど、苦労はしてないです(笑)本当にこのデビュー曲。僕の大切な宝物なんですけどもこの『れいこ』を歌わせていただきます」とお話をして歌っていただきました

 

 

「実は今日、来させていただくの非常に楽しみにしておりまして、人生の中で一位というのを取った事がないんですね。デビューさせていただいてからは一位というのはすごく難しかったんですけれども、初めてですね、鈴木楽器さんの試聴回数が皆さまに聴いていただいたおかげで6月度で一位になりまして今日来させていただくのを心待ちにしておりました。中々一位とか取れないと思いますけどなんとか頑張ってオリコンの一位を獲れるようにがんばりますのでご声援よろしくお願いいたします。実は『別れの夜明け』のジャケットって元々コレだったんですけど直前に切り替わったんです。まさかこれになると思ってなかったんですけど(笑)そんなわけで今日は皆さま雨の中お時間いただきましてありがとうございました。あっという間に時間が過ぎてしまってまだまだ歌い足りないんですけれども最後にもう一度新曲『別れの夜明け』を歌わさせていただきます」とお話をしてフルコーラス披露していただきました

 

(演担K)

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする