スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【11月度】新譜試聴アクセス週間BEST10(3週目) | main | 岩波理恵さんキャンペーン動画ご覧になれます >>

水田竜子さん「新庄恋しや」キャンペーン

10月23日(月)

 

8月11日水田竜子さん

新曲「新庄恋しや」キャンペーンが行われました

1月にも前作の「船折瀬戸」でお越しいただいたので今年は二度目、お着物姿もすっかりお似合いになり一段の落ち着き感が増しましたね(笑)

 

進行はキングのSさんです

「それではさっそくご本人にご登場いただきたいと思います。まずは新曲『新庄恋しや』から歌っていただきます、皆さま大きな拍手でお迎えくださいませ」拍手拍手拍手拍手拍手

 

 

竜子さん登場

まずは新曲から披露していただきました

 

 

そしてご挨拶

「皆さんあらためましてこんにちは〜今日はあいにくの雨模様、そして夏休み、もうすぐお盆ですよね〜お忙しい中『新庄恋しや』のキャンペーンにお集まりいただきまして本当にありがとうございます。改めまして水田竜子でございますどうぞよろしくお願いいたします」拍手拍手拍手拍手拍手

「今日この『新庄恋しや』のキャンペーンこちらの鈴木楽器さんが初でございます。今年は今日で2回目?今年の1月、元旦に発売させていただいた『船折瀬戸』で一度キャンペーンにお邪魔させていただいてるんですけれども、私のキャンペーンは寒いか暑いかどっちかです、必ず。ちょうどいい季節がないんですよね、あんまり。だから皆さんものすごい厚着かものすごい薄着かどっちかなんですよ、そんな過酷な条件の中、いつもこうしてお越しいただいて本当に嬉しいです。今お聴きいただいた『新庄恋しや』8月10日に発売させていただきまして2日目でございます。それから今回は発売と同時にDVDも発売になりました、同じキングレコードの4人で1枚になっておりますのでそちらの方もよろしくお願いいたします。さぁお話が長くなりましたのでさっそく続いての歌をお聴きいただきたいと思います、今年の1月1日に発売しまして、こちらでキャンペーンもさせていただきました愛媛県のしまなみ海道から見える『船折瀬戸』どうぞお聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「この間、台湾にお仕事で行ってきまして、台湾ですごく今、日本の演歌が人気があって日本を追い越せくらいな勢いでものすごい熱狂的なファンが多いです。今回私は台北の会場でコンサートをしたんですがたくさんの皆さんと行きました。出演者は塩乃華織さん、HANZOさん、花園直道さんと水田竜子の4人でショーをしたんですけれども、もうね食べ物が辛いものをいっぱい食べてるからかスゴくパワーがあって、1曲歌うごとにキャー!キャー!ってアイドルになったみたいな気分になりまして、すごく楽しかったんですけれども、とにかく暑くてホテルから一歩でも出るとミストサウナみたいに顔が潤っちゃって湿っちゃってそれくらい湿気がすごい所だったんですけれども色んな事があった楽しい台湾でのお仕事だったんですけれども、今年は前半色んな面白い事がありました、実は来年デビューして25周年を迎えさせていただきます、来年の4月18日に浅草の浅草公会堂で25周年リサイタルをさせていただく事が決定しまして、もうすぐチケットが発売になりますのでよかったらお越しいただければと思います」

「続いてはやはり私の大切なご当地ソングの1曲です、山形県の酒田を舞台にした『紅花の宿』どうぞお聴きください」とお話して披露していいただきました

 

 

「いや〜暑い!ですね〜着物は一昨年の年末から着始めまして去年はガラにもなく夏バテしたんです、見てる皆さんは涼しげだなぁって思ってくださるんですけれども中は灼熱地獄だもの(笑)今年はまだ今の所は夏バテ大丈夫ですけど、まぁでも着物もだいぶ慣れてきまして着物を着て2年くらい経ってきましてけど益々着物も好きになりまして、もっともっと上手に着物も着れるようになればと思って毎回毎回、失敗しながら色々と勉強しております。さて、今回の『新庄恋しや』のA面が山形県の新庄、B面が今回長野県でございます今回『星の降る里』でございます。私は実はこの歌をいただくずっとずっと前にTVで星のすごく有名な場所があってすごく過疎化でさびれた温泉街の町の若者がこの町には温泉と星しかない、とこの町を元気にするためにじゃあ星をアピールしてたくさんの人に来てもらおうと、そういう事をしています、というのをTVでやってたのをたまたま見ましてあ〜すごいなと、で、この田舎町には星しか無いけれどもその自慢できる星をみんなに知ってもらいたいというそういう所があるんですよ〜と、それが長野県の阿智村だっていうのは知らなかったんですけれども、今回この『星の降る里』という曲を書いていただいて、あっ!あの町は長野県だったんだと思いまして、今回ご縁があってその阿智村の歌を歌わせていただく事になりました。『新庄恋しや』とはまた全然違ったタイプの歌ですので皆さんに覚えて歌っていただけたらなぁと思います『星の降る里』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

 

「ちょっとワルツの歌なんですけれども、私、ワルツの歌ってあんまりないんです。だからゆったりゆったりした感じで歌わせていただいております。是非この『星の降る里』の方も皆さん歌ってそして、覚えていただけたらと思います。さぁ今回の新曲の『新庄恋しや』おかげ様で本当に素敵な歌をいただきました。ここまでの何作か明るい曲調のメジャー調の曲をしばらく続けていたんんですが、ここ最近水田竜子=明るい歌みたいな感じのイメージになってたんですが、ここにきて、『新庄恋しや』とっても素敵な雰囲気のあるマイナー調の曲という事で久しぶりでございます。今まで私のご当地ソングは旅をしてその旅先で愛する人を思い出したりとか思い出を甦らせるそういう行動する女性が主人公だったんですけれども、今回の女性は旅をしていません。都会に住んでいる女性、その女性の故郷が新庄なわけですね、新庄から都会に出てきて日々一生懸命働いて生きている女性、その女性がふとお酒を呑みながら自分の故郷とか故郷に残してきた家族、それから恋人とか初恋とか風景とか色んなものを思い出しながら『新庄恋しや』の雰囲気に酔っているという、そういう歌でございます。こういった雰囲気の曲というのはどちらかというと目を閉じて自分の感情で歌いたくなるものなんですけれども、なるべくしないようにしてください。明るく笑顔を作りながらこの『新庄恋しや』を歌っていただけるとより雰囲気が出て良い曲になると思います。それでは新曲の『新庄恋しや』歌わせていただきます、よろしくお願いします」とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます

★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★
 

 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする