スタッフブログ

鈴木楽器店スタッフが最新情報を随時更新するブログです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハン・ジナさん「東京こぼれ花」キャンペーン | main | 【1月度】新譜試聴アクセス週間BEST10(3週目) >>

野村美菜さん「伊良湖水道」キャンペーン

12月17日(日)

 

10月4日野村美菜さんの

新曲「伊良湖水道」キャンペーンが行われました

野村美菜さんは今年1月に前作「北上川」でお越しいただいておりますので2回目ですね。落ち着いたというかしっとりした中にグッとくる雰囲気がとってもいい作品です

 

進行はCTMDのHさんです

「それでは大変お待たせいたしました野村美菜さんの登場です!1曲目、最新曲『伊良湖水道』大きな拍手でお迎えくださいませ」

 

美菜さん登場

まずは最新曲から披露していただきました

 

そしてご挨拶

「どうもありがとうございます。改めまして鈴木楽器さんにお越しの皆さまこんにちは〜野村美菜です。9月27日にこの『伊良湖水道』発売をさせていただきました今週から関東キャンペーンが始まりました。今日は町田にお邪魔をさせていただいております。私は生まれは東北の宮城県仙台市でございます。17歳の時に歌手になりたくて上京いたしまして、作曲家水森英夫先生の元に内弟子入として入りまして、それから2004年6月に3代目コロムビアローズの名前でデビューいたしました。あれから14年目に入らせていただいております。一昨年日本クラウンに移籍をいたしました。今は本名の野村美菜でがんばっております。シングルの数も増えて今、16枚、今回の曲が16作目となります。伊良湖水道は今度の舞台は愛知県の田原市と三重県鳥羽市の神島の間を流れている伊良湖水道を舞台にした曲をいただきました。色んな地方が舞台になった歌を歌わせていただいておりまして、つい最近までは【川シリーズ3部作】を歌っておりました。愛知県を流れる矢作川。それから観光大使を務める長野県の上田市を流れる千曲川を舞台にした『千曲川哀歌』それから今年の前半、つい先日までは新曲として歌っておりました。東北一の大河、北上川を舞台にした『北上川』という作品川シリーズ3部作を歌わせていただきあmした。これもまた、皆さまに応援をしていただきました、前作になります岩手県盛岡それから平泉、そして私の故郷宮城県を流れる川です『北上川』お聴きください」とお話をして披露していただきました

 

「ありがとうございます、せ〜の!って言って美菜ちゃんコール嬉しいです、ありがとうございます。今歌わせていただいたのはつい先日まで新曲として歌わせていただき、また皆さまに大変かわいがっていただいた1曲でございます「北上川」お聴きいただきました。この作品とカップリングの曲が同じ岩手県が舞台の『美菜の平泉音頭』という事で今年の5月1日に東京でコンサートを開催させていただいたんですけれども、その時に平泉町の観光大使にも任命をしていただく事ができまして、ありがとうございます拍手拍手拍手拍手拍手今三つの市町がありまして、長野県上田市は2009年からやっておりまして、岩手県平泉町の観光大使、そして島根県雲南市の観光大使と三つの市町の観光大使もやらせていただいております。平泉町が舞台になった『美菜の平泉音頭』という曲を前作のカップリングの曲で歌わせていただいております。私、今本名で活動していると言いましたけれども私これまで4回名前を変えておりまして(笑)三代目コロムビアローズでデビューして三代目コロムビアローズ野村未奈これが10周年の時に改名しまして、そして日本で一番長い名前と言われた名前でございました。そしてクラウンに移籍をして野村未奈でした。そして今回、今年私の故郷を歌うという事で原点に帰った方がいいんじゃないかという事で本名の野村美菜という私の父が付けてくれた名前なんですけれども今年の1月11日からその名前になりました。その自分の名前が付いた『美菜の平泉音頭』という歌を歌っております。それでは合いの手とか掛け声よろしくお願いします『美菜の平泉音頭』お付き合いください」とお話をして元気いっぱい掛け声、合いの手いっぱいで披露していただきました

 

 

「大きい声でのコールなどありがとうございます。私も14年歌わせていただいておりますけれども、今回の作品『伊良湖水道』『名古屋哀歌』また今年2枚のシングルを発売させていただいております、今回の両方の作品は東海エリアが舞台となっております。今回はカラオケ大会も行われます、是非練習して日本クラウンに送っていただきたいと思います。カップリング曲『名古屋哀歌』は名古屋の盛り場を舞台にした曲です、昭和の香りが漂うブルース調の曲となっております。一気にこのステージが夜の世界に様変わりする、そんな雰囲気のあるムーディな曲をいただきました『名古屋哀歌』お聴きいただきたいと思います」とお話をして披露していただきました

 

 

「歌とお酒が合う感じの曲でございますし『伊良湖水道』はまた全然タイプの違う曲で激しくこう歌いあげるのがピッタリな作品だと思っております。伊良湖水道とは渥美半島の伊良湖岬、そして三重県の神島の間を流れている水道が舞台となっております。そんな伊良湖水道で無くした愛を取り返すため、伊良湖水道の荒波を乗り越えて愛する人をどこまでも追い求めていくそんな激しく燃える愛を歌った作品となっております、これまでの楽曲とはまた違った雰囲気の曲で私にとっても新たな挑戦の1曲でございました。曲が出来上がってからレコーディングに向けて何度も練習したんですけれども、レコーディング当日は中々思うように歌う事ができずにスタッフの皆さんに長時間お付き合いいただいて納得いくまで歌い続けた私にとっても渾身の1曲、また野村美菜の新しい世界を皆さまに感じていただければと思います。そして皆さまにご報告がございます、『伊良湖水道』初登場5位をいただきました拍手拍手拍手拍手拍手またさらにランクアップしていくようにがんばっていきたいと思っておりますので引き続き応援をしていただきたいと思います、それではもう一度『伊良湖水道』ですお聴きください」とお話をして披露していただきました

 

(演担K)

 

 

 

 楽器当店ホームページでは演歌&歌謡曲の新曲試聴もできます

★鈴木楽器店(スタッフブログ)及び(ホームページ)に掲載されている画像、音源等の無断転載は禁止させていただきます★
 

店頭キャンペーンレポート | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする